≪ ふえ | メイン | はちこう ≫

2005年09月03日

ひまわり

兵庫県の南光町(なんこうちょう)で桂南光師匠の落語会がありまして、久しぶりに南光師匠とご一緒させて頂きました。会の名前はズバリ『南光亭』!自分と同じ名前の町で落語会、いいですよね。吉弥という町、ないやろか?どこかに。 地元の方がたくさん裏方さんをしてくれはって、お客さんも沢山、素晴らしい会でした。 サブタイトルが「さよなら南光町」もうすぐ新しい佐用町となるために、南光町という名前は消えるんだそうです。 向日葵で有名なこの町、50年も親しまれた地名が消えるって、そこに住んではる人たちはどんな気持ちなんやろうか?

投稿者 kichiya : 2005年09月03日 23:59

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/791

コメント (1)

昨日の落語会に参加させていただいていたいち町民です。年齢は24歳の町内に住む大学生です。私も来年の三月で就職の関係でこの町を離れることになります。(自分のことはこのへんまでとして)、昨日の時うどん良かったですね。MBSの西アナウンサーにも稽古を早くつけてあげてください。あの方も忙しい人ですから吉弥さんが引っ張ってあげないとやらないでしょう。何でこんな話をするかと申しますと、私は何を隠そうMBSヤングタウンの一リスナーなのです。毎週楽しい会話が続くあのラジオを聞いて落語の楽しさを味わっております。話を戻しますが、私は今回で落語を生で聞くのは四回目です。一回目は、高校での桂ざこばさんの落語会、そして、もう一つは、ヤンタンラジオ公開放送、もう一つはbaseよしもとで行われているしごきの会です。そして、今回の落語会が、四回目となります。田舎町なのにかなり多くの方が参加されていたので驚いたのではないでしょうか?過疎の町ゆえに参加者の大半は年配の方が多かったでしょう!でも、町民のみんながいい人ばかりでアットホームな町ですよ。ぜひ来年は、ひまわりを見に来てください。ところで、昨日は落語会のあとすぐに帰られたのでしょうか?あまり、ホテルなどのない町なのでどうされたのかが非常に興味があります。取り留めのない話ばかりを書き込んでしまいましてすいません。これからも各メディアに多数露出されて、桂吉弥を多くの方に知ってもらえるようにがんばってください。私も来年からは新社会人としてがんばります。これからも落語をちょくちょく見させていただきます。それでは、失礼させていただきます!

投稿者 尾上 豪 : 2005年09月04日 13:05

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。