≪ あめまち | メイン | ばんだい ≫

2005年10月05日

かどざ

今日初めて記者会見というものに出ました。何の記者発表かというと「米朝事務所VS松竹芸能」という2つの事務所の若手落語家が対決する会、10月スタートで毎月一回のペース。会場は向こうのホームB1角座です。 一般紙、スポーツ新聞、十人ほどの記者さんの質問、「落語ブームは大阪でも、きていると感じますか?」「どんな落語会に?」 他の出演者の皆さんと楽しく答えましたが、テレビカメラは一台も無かったなぁ。別に来てほしいわけじゃないけども。 『吉弥十八番』『吉弥の十日間落語会』『吉弥のテントで一カ月!』こんな企画なら皆さん「おっ!」と思ってくれはるんでしょうか? ちなみに私の出番は11月25日、桂春菜君が相手です。応援しに来てくださいね。

投稿者 kichiya : 2005年10月05日 23:02

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/841

コメント (3)

『吉弥のテントで1ヶ月毎日落語会』 『吉弥の24(トゥエンティーフォー)寝ずにぶっ続け耐久落語会』 『吉弥の自転車で日本列島縦断所持金0円ゲリラ落語ライブの収入だけでゴールできるか?!』

投稿者 ハルコ : 2005年10月06日 00:08

桂春菜さん?すぐ調べました。桂春蝶さんのJr.さんなんですね。私達の世代には、懐かしいです。テレビで、細ーい身体に着物着て落語してはった姿やワイドショーに出てはった姿が鮮明に思い出されました。亡くなられた時に「まだ若いのに落語家さんやから無茶しはったんやろなぁ」という、私自身が思った事など、吉弥さんのおかげでいろいろな人の事を知ったり、何も無ければ思い出す事も無い事を思い出したり、なんだかうれしく思います。B1角座ガンバレ~

投稿者 すだちくん : 2005年10月06日 09:59

ハルコさんナイスです(笑)
ぜひ吉弥師匠には人類の限界に挑んでいただいて、ねぇ(違うやろ)。

春蝶さんのこと、おぼろげな記憶があります。そうですか、春菜さんはその方のJr.さん。
すだちくんさん、情報ありがとうございます。

吉弥さん、当日はもちろん万難を排して馳せ参じますとも!

投稿者 弥生 : 2005年10月06日 12:33

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。