≪ ししょう | メイン | えひめ ≫

2005年11月10日

とくほんじ

沢山の方から、うちの師匠への思いの詰まったメールやブログのコメントをいただきました。ありがとうございます。 本日のお葬式、親族と弟子7人で師匠を送ってきました。「ほんまにええ天気やなぁ、明日やったら雨やで」。別に葬式を喜んでいる訳ではなく、こういう日に師匠を送れるのが嬉しい。 近く行われる『お別れ会』も晴れると思いますよ。で今度は、いろんな人たちとぎょうさんで師匠を見送りたい!  今日の神戸東灘、徳本寺の上空は気持ち良く晴れておりました。

投稿者 kichiya : 2005年11月10日 22:11

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/903

コメント (9)

ヤフートピックスを見たときは本当に驚きました。

吉弥さんが最初の方の独演会で、
「米朝の弟子の吉朝のそのまた弟子の吉弥です」って
よくおしゃっていたので、
高座は見たことなかったですが、
吉朝師匠は、私の中では他の噺家さんより有名でした。

吉弥さんも今は落ち込んでると思いますが、
元気出してくださいね。
12月の独演会は楽しみにしています。

投稿者 マリーナ : 2005年11月10日 23:05

昨日の夜中、吉朝師匠の「地獄八景亡者戯」をi-podで聴いて師匠のことを偲びました。
でも偲ぶはずが笑ってしまいました。
いいお葬式だったようで、本当によかった。

投稿者 赤目だるま : 2005年11月10日 23:11

なんだか、まだ信じられない感じですが、
これから降るであろう雨は、吉朝師匠への
みんなのナミダ雨だと思います。
もう吉朝師匠の高座が見れないのは悲しいです。

是非これからは吉弥さんが、このあいだ(夏)のロ蛸芝居"のような
芝居物などもどんどん見せて下さい。
お願いします。

投稿者 みやざき姉妹 : 2005年11月11日 00:23

師匠という偉大なる羅針盤を亡くされた、大きな哀しみ、
私にも師匠が居りますので、とても他人事に思えません。
また”哀しくても、人を笑わせなければいけない。それが落語家”
落語家をしていた叔父の、親族の不幸の席で聞いた言葉です。
今、正に、吉弥さんがそのお気持ちなのでしょうね。
どうぞ、哀しみを乗り越え、師匠から受け継いだ意志、芸を後世に残して行って下さい。

少しずつ、寒さを感じる季節となりました。
呉々もお体ご自愛下さい。

投稿者 玉依姫 : 2005年11月11日 01:43

お久しぶりです。
プラン9の鈴木です。
今回訃報を聞き、いてもたってもいられなくなり
連絡先さえわからず、
このような形で書き込みさせていただきました。
すいません。
そして勝手に自分のブログで
師匠についてかたらせていただきました。
気持ちをどこかに出さないと苦しかったんで・・・
すいません。
一度お時間があれば覗いてください。
もし不適切な書き方があれば
ご指摘ください。

またお暇があればゆっくり話したいですね。
失礼します。

投稿者 鈴木つかさ : 2005年11月11日 06:05

吉弥さん お師匠さんのお見送り おつかれさまでした。

吉朝師匠のことは 吉弥さんのお師匠さんとしてしか知りませんでした。まだ落語も聞いてはおりませんでした。
もう 直には聞くことはできなくなりましたが 家で聞きます。

身内の者が亡くなった時は これから少しずつ寂しさが増してくるかと思います。
お辛いでしょうけれど お体に気をつけて。
お師匠さんに負けない吉弥さんのご活躍 楽しみにしております。

投稿者 やすべえ : 2005年11月11日 09:13

吉弥さんの写真の、高く晴れわたった空を見ていたら 
静かに なにか澄みきった、そして暖かいものが胸に満ちてきました。
この場にそぐわない言い方かもしれませんが、そんな気持ちがしました。
本当に晴れてよかった。
さすが晴れ男の吉弥さん。師匠も喜んでおられるでしょう。
「お別れ会」も、きっと晴れますとも。

投稿者 弥生 : 2005年11月11日 21:01

吉弥さん、お別れ会、できるだけ広い会場でしていただけるよう事務所の方にお伝え下さい。心からのお願いです。
師匠とお別れしたいと思う人みんながちゃんとお別れできるように。チケットが取れなくてお別れできないなんて絶対にイヤです。
心にぽっかり穴があいてしまってます。つい2週間前に聞いた「弱法師」、鳴り止まない拍手、思い出すだけで涙が出てきます。今頃4代目米団治師にお会いして「弱法師、やりましてん」なんておっしゃているのでしょうか、もっと聞きたかったです。
吉弥さん、心身お疲れかと思いますがお体壊されないよう、お気をつけくださいませ。

投稿者 あすか : 2005年11月11日 22:04

吉弥さん、こんばんは。
香港からときどき拝見してます。
あなたが敬愛してやまなかった師匠のお見送り、心中察するに…。

君がやらねば、だれがやる。
君ならできる。

遠くからですが、応援してます。

ますますの精進、祈ってます。

今宵もまた、吉朝師匠の「子ほめ」、紅梅亭のDVDで拝見します…。

投稿者 HK : 2005年11月12日 01:05

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。