≪ とうかんかく | メイン | ふみきり ≫

2005年11月27日

においぶくろ

着物の入った風呂敷を開けば、すーっといい香りがする。オシャレな先輩の着替えを手伝う時、若手の噺家が体験するんです。なんやろうと見ると『におい袋』が入ってる。若手ってそういうの覚えてるんですよね、だって一番はじめ弟子に付いた当座は落語も出来ない、太鼓も叩かれへん、楽屋で師匠方先輩方の着替えを手伝うのが主な仕事やから、そういうことがあると頭に刷り込まれる。「ああ、ええなぁ。こんなんしたいわ!将来」と思った若き日の吉弥。 さて今日、道頓堀えびす座に持って行った衣装の風呂敷にも、におい袋一つ。鳩居堂さんのんを入れてました。

投稿者 kichiya : 2005年11月27日 19:14

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/958

コメント (2)

においぶくろ 私も使っています。それも 鳩居堂製です。(きゅうきょどうが変換できなくて 鳩、居る、堂 と打ちました。パソコンの性能が悪いのかな)

箪笥やバッグに入れてます。封筒や便箋も鳩居堂さんの物で、ここにはお香を入れています。
引き出しや箱のふたを開けた時の静かな香りに、自分ひとりの楽しみと言うか、ささやかな満足を味わっています。

木々の葉っぱもあらかた落ちて、初冬の新潟です。
吉弥さん 風邪をひかれませんように。

投稿者 やすべえ : 2005年11月27日 19:55

こんな時間にすみません、眠れなくてね。和の香り(あえて「にほひ」と書いてほしかったなぁ)というとおもひ浮かぶのは白檀とか、伽羅とかあとどんなんのがあるんでしょう。吉弥さんのはどんな香り? 私の好きな香りは「和」じゃないけど、オレンジフラワーという香りです。別名「ネロリ」。あ、心地よいなと感じた香りには必ず配合されているようなんです。最近気付きました。あとはあえて加えた香りではないけど、夜の香りがたまらなく好きなんです。窓を開けてゆっくり入ってくる草木のむーんとした香り、夜コンビニに行くときのすぅーっと澄んだにおい。大好きです。今度の水曜は相模原にお出ましですね。なんにも無いとこですがお薦めのおそば屋さんが一軒あります。JR矢部駅と淵野辺駅の間にある「味路庵(みのじあん)」という手打ち蕎麦のお店です。もしお時間ありましたらお蕎麦好きの国宝師匠と是非行ってみてください。「ごったのらそば」は最高です。上方の皆さんのお口に合うかはわかりませんが、私はここのお蕎麦とご主人が大好きです。天ざる関係も美味ですよー。はぁ、書いててよだれが・・・。私は今回は泣く泣くご遠慮させていただきますが相模原には他にも新しいホールができているんですよ、グリーンホールとか、杜のホールとか。何故市民会館・・・。無念なり。

投稿者 ハルコ : 2005年11月28日 04:31

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。