≪ ささげるかい | メイン | らくごれんじゃー ≫

2006年05月20日

これから

昨夜のワッハでの吉朝一門会、ちょうど300人のお客様やったそうです。ピタリ賞!ありがとうございました。 皆さんからいただきました拍手、笑い、アンケートのお言葉、これから益々吉朝一門を伸ばしていくために大切に心に焼き付けておこうと思いました。 写真は師匠が使ってはった雪駄入れ。学童用のラベルにこない書いてはりました。あっちでお忙しいらしいけど、ちらっと覗いてくれはったやろか。

投稿者 kichiya : 2006年05月20日 06:59

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/1260

コメント (7)

昨日は本当に素敵な一門会ありがとうございました。ひろばさんの(笑)『愛宕山』はいつ見ても目の前に情景が浮かんで、そこにいるみたいデス。 吉朝さんのお話を笑って聴けるようになったのも、吉弥さんをはじめ一門のみなさんの落語が楽しいからです。本当にありがとうございます。

投稿者 まる : 2006年05月20日 09:06

一門会 おつかれさまでございました。

あの300人の中の一人になれましたこと、ただ深く感謝いたします。

トリの吉弥さんの『師 桂吉朝に捧げる』「愛宕山」、
きっと一生忘れないでしょう。

投稿者 弥生 : 2006年05月20日 12:43

僕は行けなかったんですが、多くのお客様方が来られたみたいで…
そのお話を聞くだけで、吉朝師匠、そして吉朝一門の皆さんがいかに愛されているかって感じることができます。
吉朝師匠もさぞかしお喜びかと思いますよ。

吉弥さん、一門会本当にお疲れ様でした。

投稿者 Mr,コメディアン : 2006年05月20日 15:25

すごく良い会でしたね。行って良かった~!!でも遅刻しちゃって吉の丞さんの落語が聴けなかった凹。終わってから、出口で皆さんが並んでらっしゃるのを見て、もっのすごい緊張しました。私、自分が「若くてイイ男」は苦手だって事忘れてました。なのに、それが団体でなんて…。かる~く氣絶状態で帰りましたよ(汗)。七月のそごう寄席も氣になる。吉弥さんは『皿屋敷』かあぁ。観たい!!吉朝一門会が札幌でも行われたら良いのにな。皆さんそれぞれの会にも行ける様に仕事頑張らねば。素敵な会を、本当に有難う御座います、ひろばさん。

投稿者 たけ : 2006年05月20日 17:31

吉朝一門会、ええ会でしたね。みなさんの落語を聴いて「うまならはったなぁ・・・」というのが正直な感想でした(エラソーにすいません)
お弟子さん7人、みなさんそれぞれの色があって雰囲気も違うのですが、どなたにも、ちょっとしたところに吉朝さんを感じるときがあります。師匠の芸をしっかり受け継ぎながら、それぞれご自分の味がでてきてはるんやなぁ・・・と思いました。これから本当に楽しみです。
「愛宕山」とても楽しかったです。ぐっと引き込まれました。

トークコーナで、お稽古のときのことなど今まで知らなかった吉朝さんの一面を垣間見ることができたのはとてもうれしかったです。
お弟子さんそれぞれの大事な想い出をおすそわけしてもらったようで、とても暖かい気持ちになりました。
ありがとうございました。
これからも、たくさんの噺をきかせてくださいね。

投稿者 さだ吉 : 2006年05月20日 20:43

私も行きましたー。
しかも帰りに、着物姿の一門全員とお写真まで。すっごく嬉しいです。今日早速六ツ切にプリント額に入れて祭りました。
「愛宕山」じっくり聞かせて本当に良かったです。隣のおばちゃん達なんか「この人うまいなー。」「ほんまやなー」などとおっしゃってました。私おもわず「今まで知らんかったんかー?この方は二番目の弟子で、ラジオのレギュラー持ってんねんどー」とここまで出かかったんですが、男がべらべらしゃべるのは・・・・
楽しい会でした。吉弥さんお疲れ様でした。一門の皆様有り難うございました。

投稿者 堺の若旦那 : 2006年05月20日 22:48

みなさん書いてはるとおり
ホントにええ会やったと思います。

ところで、会場入り口にスカイAの
『らくごくら』からお花が届いてましたが
27日朝9時半から10時半までの放送分
吉弥さんですね。

投稿者 みけ : 2006年05月22日 18:04

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。