≪ たにまちよんちょうめ | メイン | えぃびぃしぃ ≫

2007年09月24日

しみんよせ

京都祇園の甲部歌舞練場にて行われた『市民寄席』50周年の記念会。こんな会場でしゃべることなんかめったにないよなぁ。ここでトップバッターをつとめさせていただきました。パンフレットにあった上方落語四天王の写真。松鶴、米朝、春団治、文枝、四人の師匠たちがにっこり笑って舞台に座っている。で、お腹の中ではおそらくライバル心をメラメラと燃やして。このお師匠さんたちのおかげで、上方落語がいまあるといってもいい。そして繁昌亭も、ドラマ『ちりとてちん』も、桂吉弥が存在するのも。 ことあるごとにこの写真を見ようと思った。

投稿者 kichiya : 2007年09月24日 19:47

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2054

コメント (2)

『市民寄席』初めて行きました。あたしにとって甲部歌舞練場は憧れの場所。京都で過ごした学生時代の頃から、『おどり』を観たいとずっと思い続けているので。そこで『おどり』を観るのではなくて、まさか落語を聴くとは思いませんでした。
今回の落語会でのお噺は、全て初めて聴きましたが、とても興味深いものばかりでした。また好きなお噺が増えました。
パンフレットによると『市民寄席』はとても伝統のある会なんですね。その記念すべき50周年の会で落語を聴けてとても幸せでした

投稿者 のりぽん : 2007年09月24日 20:43

acDe9c http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQOuaxTXbj5iNG.com

投稿者 NY : 2016年02月11日 22:00

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。