≪ れっど | メイン | さんかいめのよる ≫

2007年12月21日

どんぴしゃん

昨日の撮影でカツラをかぶりましてね、いわゆる落語の世界のシーンでございます。どんな落語なのかはお楽しみに。 そこで床山さんが持ってた小道具のひとつ、もみ上げのところが浮かないように肌とカツラの間にぬりぬりする接着剤、その名も『ドン・ピシャン』。ぬりぬりしてもらいながら聞きましてん「この白いの何ですか」って、ほな「ドンピシャンです」って…嘘やーんとチューブ見たらホンマやった。笑うより驚きました、メイクさんにも常識なんやって、知らんこといっぱいありますね。日々勉強勉強。 これを使って芝居もどんぴしゃな芝居になったやろか。

投稿者 kichiya : 2007年12月21日 00:03

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2156

コメント (16)

今、れっどに三つ目のコメント入れ終ってから、もしかしたらと見たら、新しいのが入ってて、)^o^(です。吉弥さんは、肌とカツラの間に着ける接着剤とか着けても、平気ですか。アレルギーのある私は、なんか想像しただけで痒くなりそうです。演じるって、大変ですね。れっどのコメントにも書きましたが、昨日のちりとてちんには泣かされました。草原兄さん最高すっ。今週は、ほんまに松重さんのお父ちゃんの言ってた通りですね。松重さんのお父ちゃんのブログ、この頃、更新時間かなと言う頃に見ようとすると、応答しないんですよ。それで、応答があったときには、もうコメントは10いくつも書き込まれてる程の大盛況です。草原兄さんも、もっともっとブログの宣伝しなきゃ。

投稿者 ムネリンはぼうや : 2007年12月21日 00:21

今日は草原兄さんが入門前の草々少年を語るとこに泣けました。
ここんとこ泣いてばっかです(グスッ)。
明日も8時28分ゴロは大号泣でしょう。
その前に兄さんの台詞で22分ごろにウルウルするんだろうなあ。
“徒然亭一門会が無事に開けますように~”

投稿者 ちりとてまん : 2007年12月21日 00:46

どんぴしゃん!はぁー英語なんですねー。吉弥さん、「新撰組!」のときもいろんなかつらや衣装つけてはりましたね。易者さんや、ひらひらの着物着て探索したり、かと思えばお侍さん。どれも違和感なくってほんとの山崎烝さんもこんな人やったんと違うやろか、と思いましたもん。「どんぴしゃん」の吉弥さんは来年分ですね。楽しみです!

投稿者 パグ : 2007年12月21日 01:22

あっは♪
Don Pishanて、これローマ字ちゅぅやつですよね?
みつよし化粧品さんトーキョー製造だし!
一瞬、フランス語かなんかかと思いました。
どんな落語シーンなんやろ?楽しみにしてます〜

投稿者 晶子 [TypeKey Profile Page] : 2007年12月21日 02:12

 『新たな出会い』。昨日、『おーれ』の回のコメントで、私が直筆の『手紙』を書いた元上司夫妻から電話。「今週末、みんなで家にあそびにおいで…」。 えらいまた急やなぁ~と思いつつ、尊敬する人からの誘いでちょっと嬉しい。仕事や家庭など、近況を語り合いながら色々と『日々勉強』させてもらってます。『新たな出会い』に期待…。
 そうそう、今日の『-よる-のお仕事』、お邪魔します。私にとっては、初「繁昌亭」・初「生落語」・初「吉弥さん」。何もかもが初物ずくし、…年末やのに。初めてなので、どんな席か分らんのですが、恐らく前方中央部。真近で、吉弥さんとお客さんとの間合いや空気感を存分に味わい、吉弥さんの落語の『呼吸』に呼応しながら拝見、拝聴します。『米朝師匠』の受け売りですが…。演目は?なんでっしゃろ。どんな「まくら」やろか?楽しみやなぁ~。吉弥さんや草原兄さんからも色々と『日々勉強』させてもらってます。こちらも『新たな出会い』に期待…。

投稿者 そうや : 2007年12月21日 06:00

草原兄さんの回想シーン泣けました、ウルウルしました
ネタバレスレで先のストーリー見たんですが新年から急展開ですね
今までとは違った面白さがありそうです
身体に気を付けて乗り切って下さい

投稿者 ko05zo01 : 2007年12月21日 08:03

はじめて投稿します。
昨日、はじめて上の子(3歳)が幼稚園に行ってる間にNHKスタジオ見学に行きました。赤子連れで!
草原さんと草々さんと小草若さんと3人で底ぬけ~をしてくれてうれしかったです。
上の子に自慢すると、「僕も会いたかった。おっきい人(草々)に会ったの??おっきい人、おうち出て、ママに会いに行ってたの??」とびっくりしてました。
まだ、ごっちゃにしてる年頃です。スタジオ見たら、逆に混乱するかもしれませんが、今度連れて行きたいと思います。その時も、底抜け~して下さいぃ。
ではではお体に気をつけて。

投稿者 sou : 2007年12月21日 10:05

コメントさせて頂くのは、はじめましてです。
「ドン・ピシャン」が
たまらなくツボで
底抜けにウケました(笑)
単純明快でいて
有無を言わせぬネーミング...タマリマセン!!!
ホント!日々勉強ですね。
草原兄さんの
どんぴしゃ芝居
楽しみにしております

投稿者 カータン : 2007年12月21日 13:08

コメントさせて頂くのは、はじめましてです。
「ドン・ピシャン」が
たまらなくツボで
底抜けにウケました(笑)
単純明快でいて
有無を言わせぬネーミング...タマリマセン!!!
ホント!日々勉強ですね。
草原兄さんの
どんぴしゃ芝居
楽しみにしております

投稿者 カータン : 2007年12月21日 13:09

ドンピシャン(≧∇≦)ちりとて風だとズバピタ…でしょうか?
今週のちりとて…一番弟子の草原にいさんが居てくれて良かったぁ~とつくづく思います。あの16年前のシーン、草原にいさんも少し若い感じに役作りされててとても良かったです。
それにても中学生の青木一君…草々さんに似てますね。あ!一と言ったら斉藤一(新撰組!)オダジョーもムネリンもどちらもかっこいいですよね~。もちろん草原にいさんも、山崎蒸もかっこいいですよ~~

投稿者 にゃんこ : 2007年12月21日 14:09

吉弥さん、こんにちは。「ちりとてちん」は毎朝、ラッシュの山手線車内で携帯のワンセグにて拝見しています。えらい混雑も吉弥さんのお陰で苦痛にはなりません(^^)ホントいつ聞いてもいい声色で幸福にしてくれて、ありがとうございます。ところで今日は「夜のお仕事」ですね。前回初めて拝見してすっかりハマっちゃいました。今夜も頑張って仕事終わらして、東京から行きますからね
o(^o^)o

投稿者 まっつん : 2007年12月21日 14:57

毎朝、毎晩、楽しみに見ています。と言うのは、夫が朝早く出て行くので、録画しているので、私は朝7時半からBSで見て、夜は夫と一緒に見るからです。夫は帰って来るなり、録画してあった画面にかじりついて、泣きながら見ています。私は草原さんの出ている場面が一番楽しみです。毎日、落語を聞いているみたいでとても得した気分です。11月の繁昌亭の夜のお仕事に行きました。今日は残念ながら行けませんでしたが、来月は絶対行きたいと思っています。昔から米朝さんが好きで、吉朝さんのファンになって、今吉弥さんに夫婦で期待しています。私は、吉弥さんと同じ高校の卒業生なので、勝手に親近感を覚えています。今後の草原さんと吉弥さんを楽しみにしています。

投稿者 よん : 2007年12月21日 21:40

お仕事お疲れ様です。えっ?ドン・ピシャン?嘘やーん、て思いました。私も。面白いですねぇ。そういうのがあるんですね。わかりやすくてええわ。知らんかった事教えてもらってありがとうございます。勉強になります。芝居て言うたら台詞も覚えなあかんし、私らの見えへんとこでいっぱい苦労もしてはるやろし、努力もしてはるんやろなぁ。これは芝居に限ったことではないけど。草原兄さん、いい味出してますねぇ。吉弥さんやからいいんですよ。吉弥さんにしか出せへん草原兄さんの味があると思うんです。て、素人のくせに生意気なこと言うてすみません。ドン・ピシャンな芝居、見せてもらいます。これからも頑張って下さいね。

投稿者 若きょん : 2007年12月21日 22:29

はじめまして。3月23日に、城陽へ寄せていただきます。行ったことのないところで、たどり着けるか不安ですが、、、楽しみです。

投稿者 gingham : 2007年12月21日 22:30

どんぴしゃん……はがす時痛くないのでしょうか…??
でも頭痛がけろっと治る?「ケロリン」とか、内臓脂肪に「ナイシトール」とか、とってつけたような商品名って結構あちますよね(笑)
1月24日に新橋でお仕事あるんですね。上方から下ってこられる吉弥さんの生落語是非聴きたいのに、我が家は病気の家族がいて、平日は私なかなか家を空けられないんですよ。だからとっても残念です。

投稿者 のっこ : 2007年12月21日 23:10

吉弥さん、おみごと!!
今夜の『崇徳院』は、たぶん生涯忘れないだろうと思います。
ありがとうございました。

投稿者 ありぞなたっち [TypeKey Profile Page] : 2007年12月22日 01:49

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。