≪ どんぴしゃん | メイン | おしらせ ≫

2007年12月22日

さんかいめのよる

繁昌亭『吉弥の夜のお仕事です』三回目でした。遠くから来ていただいた方もおられ、お客さん方ありがとうございました。三カ月続いての公演、ドンドンドンとお客さんもふえてきたし、一緒に付き合ってもらったまん我君もやっと楽しくなってきたって言うてたから、来年もやってみたいとは思ってるんですよ。繁昌亭が空いておればの話ですが。 さて今日の二人の登場もまたライトを回して。そして…私唄っちゃいました。『ふるさと』を!

投稿者 kichiya : 2007年12月22日 03:56

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2158

コメント (16)

 初めてお邪魔させていただきます。
吉弥さんの噺を寄席で楽しめる皆さんが羨ましいです。
ドラマで、ほんのさわりだけ聴く噺でさえ、
あれだけ惹き付けられるのだから、
本物の高座はどれだけ楽しいことか・・・
 草原役で全国的にファンをふやした吉弥さん。
これからは上方だけでなく、日本中を回って
地方のファンにも その魅力を直に伝えてあげてください。
 東京の吉弥ファンの皆さん、寄席のお席亭に
吉弥さんの会を開催するようリクエストの手紙を
書きましょう! 来年もお元気でご活躍ください。

投稿者 滝沢さとみ : 2007年12月22日 06:33

ああ~だれにも~ふるさとがある~ふ~るさとがぁああるぅ~♪さぞ気持ちよく歌われたことでしょう(*^o^*) 先日の夏の物売りの声も素敵でした。落語家さんは声量も発声も重要なのですね~。
で、ドラマ。どーしましょ?若狭ちゃん!あのまま走って行っちゃったけど・・・草原にいさん!なんとかして~~!!さて、間もなく今日の放送が始まります。テレビの前に正座!正座!!

投稿者 にゃんこ : 2007年12月22日 07:34

 『逢わんとぞ思う・・・』。吉弥さん、『-よる-のお仕事』お疲れ様でした。まん我さんの『蜆売り』もほろりと聞かせるエエ噺でしたが、やっぱ、吉弥さんの『崇徳院』、感動的でした。『歌とトーク』での掛け合いにもありましたが、いえいえ、お二人とも流石、役者さん。「まくら」から「演目」に入る瞬間の空気感。お二人とお客さんとの間の『呼吸』の一瞬の変化には、一種凄味を感じたと同時に心地良ささえ味わうことが出来ました。吉弥さん演じる、「熊はん」や「若旦那」の表情にもこころが和みました。あの『崇徳院』は一生ものです。きっちり、『四草さん』にも伝承してあげて下さい。
 『-よる-のお仕事』終了後、お疲れのところ『繁昌亭』前でお話させて頂きましたが、吉弥さんのお客さんに対する心配りや気遣いの姿が非常に印象的でした。アンケートに記入出来ませんでしたが、来年もまん我さんとの『-よる-のお仕事』、お願いします。次回また、吉弥さんの落語に是非、『逢わんとぞ思う・・・』。『ふるさと』エエ声でしたよ。

投稿者 そうや : 2007年12月22日 08:17

今日のちりとてちんも劇的でしたね。来週は吉弥さんの蛸芝居が見られそうですので楽しみにしています。これからも頑張ってや!

投稿者 京の茶漬け : 2007年12月22日 08:37

昨夜はお疲れ様でした。
いやぁ、ほんまに楽しい時間をもろて、ありがとうございました。
3回限定とは言わず、なんべんでもやってください。あの時間ならではの空気感も癖になりそうです(笑)。

投稿者 昌 : 2007年12月22日 10:29

こんにちは!
ほんま、いいですねぇ~、吉弥さんの高座聞けるみなさま!!
そやから、生は無理でも、せめてテレビで寄席中継してくれはらしまへんやろか? ^m^

と、慣れない言葉を使って、すんまへん(^_-)-☆
(いつまでやっとんのじゃ)って、つっこまれそう^m^

と、今日の「ちりとて」ちょっと、展開が早くて、つっこみたくなりましたが(^m^)
最後、師匠が縁側から裸足で降りてきてから最後までのシーン、号泣でした(ToT)
柳眉さんはじめ、みなさんの泣き顔、情感たっぷりで、ほんと、佳かったです!!

それにつけても、殴り合いのシーン、みなさん、倒れかた、お上手ですね(#^.^#)

投稿者 サニー、 : 2007年12月22日 10:50

『オネエにおまかせ』の大、大、大ファンになってしいました。15分ほどのコーナーなのが残念です。枠は広がらないんでしょうか。前に関西方面のラジオ局で「一日関西弁で」という企画がありましたが、オネエ版があってもいいじゃないか! と思ったり。征平さんといつまでも元気で続けてくださいね。

投稿者 みずき : 2007年12月22日 12:27

吉弥さん、「夜のお仕事」すっかり堪能させて戴きありがとうございましたm(__)mお疲れ様のとこ寒い外で、サインまで戴いて…吉弥さんのあったかいお人柄にまた惚れてしまいました。握手してもろた手の温もり、ほんまにえらいクリスマスプレゼントを戴いて。枕にも使って戴いて、幸せな時間でした。ほんまにありがとうございました。新幹線代使っても十分お釣りがきますよ!「崇徳院」にも吉弥のお人柄が表れてますよね。笑って笑って身も心も温もって…まあ草原兄さんの手に汗握る落語?も一席聴いてみたい気もしますが(笑)どうぞ御身お大切に、来年もまた楽しませて下さい。

投稿者 まっつん : 2007年12月22日 12:36

今日のちりとてちん、大笑いしながら泣いてました。脚本に皆さんの演技巧すぎです。夜、もう一回堪能しようと(^.^)!ほんまに関西の人はよいですね、草原兄さんのラジオ聴けるし、BKスタジオでお手手も振ってもらえて、寄席もよくあって。

投稿者 ムネリンはぼうや : 2007年12月22日 15:20

初めておじゃま致しますです。
「夜のお仕事」を聴きにいかなかった事を後悔しています。
関西人がうらやましい、という方も大勢いらっしゃる中、貴重な機会をのがしたような・・・
「ふるさと」を歌わはったのですか・・
今年の紅白で五木ひろしさんは絶対「ふるさと」やと思ってたのに「契り」やなんて・・代わりにいとこさんが歌うんかなぁ・・・
今日のちりとてちんは泣けました。
嫌いだった鼻毛、いや、そんけんさんもいい人だったりして。
吉弥さん、よね吉さん、本物の落語家さんは声がすわっていて、本当に気持ちが落ち着きます。
これからも応援しています。

投稿者 おしんこ : 2007年12月22日 18:31

ゆうべの繁昌亭、盛り上がったみたいですね。ラジオでも吉弥さん楽しく語っておられました。まっつんさんの事もお話されてましたよ。まくらに使って、ラジオでもネタにして。おいしーなあ。
来年1月のビギナーズラックはチケットゲットしました。楽しみにしてま~す!あ、吉弥さん予定表、更新してくださいよ。

投稿者 ぶーりん : 2007年12月22日 18:55

吉弥さんの高座。プラチナチケットになりそうですね。
祝!大入り!

私は公演中につき今回は行けませんでした。残念。
今度はいつ吉弥さんの噺を聴けるかしら。

そして…今朝(12月22日)朝から泣きじゃくりました。
いや~やりますな~「ちりとてちん」

投稿者 かよまま : 2007年12月22日 22:58

「夜のお仕事」お疲れ様でした。「祟徳院」感動しました。一門会の時も素晴らしかったんですが、昨夜は大熱演で、胸がきゅっとしました。三回目の昨夜は満員でしたね。三回拝見出来た私は幸せでした。私は和歌山という中途半端な場所に住んでいて、いつも車ですから、遅いスタートでも時間を気にしなくてすみます。まん我さんとの息もぴったりで、次回の「夜のお仕事」も楽しみにしています。やっぱり生吉弥さんは最高です。来年もチケットゲットしました。次回、お噺聴けるのを楽しみにしています。

投稿者 白猫 : 2007年12月23日 01:04

「よるのお仕事」の吉弥さん、まん我さんの迫真の落語に瞬き忘れました。寒いなか、一人一人に挨拶して下さってありがとうございました。ファンの方のなかに私なんかも入れてもらってたんですけど、吉弥さんと写真を撮るとき、お客さん同士でカメラ渡して撮りあってたんですよね。もちろん存知あげない方ばかりなんですけど、寒い夜(寒さなんて忘れてましたけど)、繁昌亭前は本当に暖かかったです。きっと吉弥さんのお人柄が空気を作って下さっていたんですね。クリスマスプレゼントをありがとうございます。撮らせてもらったどなたかのお写真、ちゃんと写ってるといいんですけどね‥。吉弥さんの真っ直ぐな瞳、中ノ島のイルミネーションにも負けません!「夜のお仕事」の再開お待ちしています(^^)

投稿者 パグ : 2007年12月23日 01:13

『ああ、すばらしきオヤジ』拝読しました。そうかァ、吉弥さんの原点は、銭湯にあったんですねェ。(そう言えば、草若師匠が高座の前に、草原兄さんに囁かれる言葉にも・・・)
素敵なエピソードでした。かつて、竜作青年を心身共に暖めた、そのスピリットが受け継がれて、今日の吉弥さんを“吉弥”たらしめていると言うわけで。私たちが折々訪れて、日頃の垢を落とし、リラックスして、ほっこり温まる。吉弥さん、いつまでも私たちの“銭湯”でいて下さい。(できたら混浴がええけど・・・これは冗談!)
たまには逆に、お背中流させて頂きます。(えッ?お前はいらんッ?んもーッ、そんな遠慮セントーッ!!)(しょぼいオヤジで、すんまへん!)
明日の三三さんとの二人会、成功をお祈り致します。上方落語の真髄で、東京の粋な落語ファンの皆さんも、ほんわかええ気持ちにしてあげて下さいね。

投稿者 ありぞなたっち [TypeKey Profile Page] : 2007年12月24日 07:26

こんばんは。初めてお便り致します。“ちりとてちん”が始まって早3ヶ月…。落語って、そんなに面白かったっけ??と思う毎日です。正直、学生時代“落研”なる同好会があり、文化祭のたびに脚光を浴びていましたが、『着物姿だ!』くらいの印象しか無く…。ドラマで、草原兄さんが、みんな(仲間)が集まるたびに(普通に話しをする様に)落語を聴かせている姿を見て以来、すっかり落語に魅せられてしまいました。これからどんな落語を披露してもらえるんだろう!毎日、楽しみに見ています。(学生時代は惜しいことをしました…。)
身体に気を付けて頑張って下さいね。
追記)本当に“紅白”は残念です…。“ふるさと”が聴きたかったです。

投稿者 さとにし : 2007年12月28日 00:01

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。