≪ えびちゃん | メイン | そら ≫

2008年02月08日

しーずん

『銀色のシーズン』草々になる前に青木崇高君がやってた映画。何ヶ月も雪山にこもってたそうな。その後はまた半年以上も大阪にこもってる彼、すごいなぁ。役者というより旅人ですね。 彼に鑑賞券をもらって行ってきました、シーズンに。爽やかな映画でした、スポーツものに弱い私の頬には涙がツーッと。画面の中にはおとくやんにむかえに来た草々がいました。 皆さんからコメントを寄せていただいてるように、『ちりとてちん』はいよいよ目が離せない展開に。はい、目を離さないでください。

投稿者 kichiya : 2008年02月08日 01:01

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2250

コメント (51)

銀色のシーズンでも相変わらずあちこちを破壊(?)してませんでしたか?映画はまだ見てませんがメイキングやプロモ番組を見ると結構はちゃめちゃな感じでしたが・・・・。
ドラマ・・・目が離せませんがその目は涙、涙で大変なことになってます(TOT)弟子たち一人一人の悲しみのシーンは本当にせつなかったです。さて今日もタオル用意で正座です。

投稿者 にゃんこ : 2008年02月08日 01:10

目を離したくても、離せませんっ!!


今まで我慢強かった私の涙腺も、今日は限界を越えてしまいました。
吉弥さんは、実生活でも師匠を亡くされていらっしゃるし、あのシーンではこれから高座へって場面だったので余計に…。


ステラの先週発売の師匠から弟子達への言葉。今日発売の弟子達から師匠についてのコメント。そして放送と合わせると、辛いというかとても切ないです。


明日からの放送に耐えられるでしょうか?


投稿者 さよ : 2008年02月08日 01:21


ワオ!もしや一番乗りですか? ラッキーです!(笑)

吉弥さん、このブログ、毎回楽しく拝見させて頂いてます。
何時もくだらないコメントばかり書き込んでしまって、申し訳ございません。m(__)m

さて、昨日のちりとて、流石に号泣してしまいました。
可愛い眼をなさった吉弥さんの泣きながらの作り笑いに、私の涙腺はギブアップ!涙を堪え切れませんでした。
そして、頭を抱え込んでしまった四草様の事は、草々さんのようにハグしてあげたいと思ってしまいましたが…(笑)

収録も後わずかなんですね。 私にとっては、大阪は遠い所です。
でもやっぱり一度で良いから、ちりとての撮影風景をこの目で直に観てみたい! なんて本当に強欲な私です。

投稿者 四草らぶ : 2008年02月08日 01:23

涙なくしては見られない展開になってきましたね。
今日は朝から4回も見ました。テレビにクギづけです。
先日の感謝祭参加の前にスタジオ見学もさせてもらいました。
草若師匠のお部屋の遺影が何とも切なくて。。。お仏壇までおいてありましたよね。あの仏壇、菊江さんのお店の仏壇では?涙しながら見ていた私ですが、しっかりチェックもしていましたぁ~思わず苦笑。。。

投稿者 ピッコロ : 2008年02月08日 01:28

なんとうかつなことに今日始めてこのブログの存在を知りました。
ちりとてちん、毎日楽しみに拝見しています。
今日の鏡に向かって笑顔を作ろうとする草原兄さんの姿、もらい泣きぼろぼろでした。
吉弥さん、吉朝師匠のことを思い出されたんじゃないかなとも。
くしくも三遊亭歌雀師匠の訃報が重なりました。
といっても実は全く存知あげず、亡くなったニュースではじめて、糖尿病で両足を失いながら闘病生活をネタに高座にあがられてたと知りました。
落語家さんって本当に凄いなと、かっこいいなと思っています。
地方にいるとなかなか機会がありませんが、いつか吉弥さんの落語を生で聴きたいと思います。

投稿者 こだま : 2008年02月08日 01:36

『銀色のシーズン』、確かにおとくやんに迎えに来た時のちりちり草々さんが出てはります!若狭ちゃんや小草若ちゃんのタレント活動にはブツブツ言ってはったんに、草々さんは映画出てますやん!『レディ~ゴ~』って、ノリノリですやん!映画観ながらそう突っ込みたくなりました(笑)。
今週のちりとては、観ていて、こっちまで苦しく悲しくなってきます。徒然亭一門の悲しみ苦しんでいる姿に、涙・涙・涙です…。

投稿者 ひろすけ : 2008年02月08日 02:02

吉弥さん、すみませんが前回の「えびちゃん」にも入れたコメントを再掲させてください。

>ちりちりとてちんさん&吉弥さんファンの皆様へ
本日2月8日、NHKラジオ第1放送の上方演芸会(21:30~21:55)吉弥さんの「ちりとてちん」です。
昨年、奈良市の徳融寺でのトークショーの際の収録だそうです。

投稿者 pu-san : 2008年02月08日 02:38

銀色のシーズン、私も観てきましたよ(^o^)
アフロの草々さん。
今となっては懐かしい。
なんとも爽やかな映画でとても良かったです。
ちりとてちん 今日も涙涙でしょうね(T_T)
クランクアップまでに撮影見に行きたいです。
頑張ってくださいね。
けど放送終わってしまうの寂しいです。

投稿者 まっちゃん : 2008年02月08日 07:03

ちりとてちんの7日の放送を3度見ましたが、草原兄さんが無理に笑顔を作る場面で毎回涙がツーッと。泣かされております。これで目が離せますか?朝から号泣なんて、罪なドラマです、ちりとてちん!最高。

投稿者 りりー : 2008年02月08日 07:08

「ちりとてちん」、とてもしんどい展開になってきましたね。 本当に、目を離したくても、離せません。

7日の放送、はじめっから涙、涙で、朝からぼろぼろです。 5人の弟子、それぞれが悲しみに向き合う姿は、思い出してもうるうるしてしまいます。 草原兄さんの高座に上がる前の鏡に写った姿は、痛々しくて、本当に胸が痛みました。

なんとなくですけれど、この放送時期の前に賑やかで楽しい感謝祭を開催されたのは、非常に奥深い配慮があったのでは・・・と今改めて感じてしまいました。

草原兄さん、みなさん、頑張ってくださいね!

投稿者 かにちゃん : 2008年02月08日 10:10

犬の散歩中にもかかわらず、今朝のいろんなシーンが思い出されて、また目がウルウル・・・

ほんとに、ドラマと言えないくらい、身につまされるって言うか、ジーンと来てしまって・・・

いまも、打鍵しながら、のどの奥が痛いです。

宗七さんや、小梅さんに、ほんま、朝から泣かされました。

昨日の、草原兄さんも、ほんま、辛かったです。
明日はどんな展開になっていくのでしょうね?

まだまだ悲しいシーンがあるのでしょうが、もっと先であってほしいですね。

投稿者 サニー、 : 2008年02月08日 11:20

ごめんなさい。 またまた、おっちょこちょい暴露です。

磯七さん、ごめんなさい。
お名前間違えてしまいました・・・m(__)m

みなさん、お許し下さい。

そして、
pu-san、ラジオのお知らせ、ありがとうございます!!

絶対忘れず聞かせてもらいます(*^^)v

投稿者 サニー、 : 2008年02月08日 11:26

草原兄さんの泣き笑いに涙涙でした。。
最近毎日泣いてしまうやーん・・゚・(ノД`)・゚・。

思えば「ちりとて」観出したのは「アフロ草々」に
一目惚れしたからでした。
今ではストーリーも出演者皆さまも大好きです!!

草々兄さんが雪山で修行してたとは(笑)

草原兄さんは新しい才能も開花するのですよね♪楽しみです!

投稿者 ようの : 2008年02月08日 13:09

吉弥さん、こんにちは。晴れの国岡山はさっきまで抜けるような空だったのに何やら曇ってきました。
吉弥さんのブログはタイトルのだいたい毎日っていうのも記事タイトルのひらがなも大好きです。
『今日はなにかなあと』携帯から読ませていただいています。
『銀色のシーズン』岡山では朝一の上映は1000円ということで実は3回もみてしまいました。6歳の小1の息子とも行きました。
アフロの草々さん。青木さんは固定的な印象がなくて演じられれる作品ごとに全く違う印象です。わたしはコブクロさんのファンでもあるので『椿山課長の七日間』もみたのですが、青木さんがでられてそのときはどこにでられていたか気付きませんでした。
銀色のシーズンの舞台の八方尾根スキー場はわたしの切ない思い出の場所です。青木さんのおかげで思い出の場所をスクリーンでもう一度みることができました。
次の記事も楽しみにしています。
師匠は死の怖さを忘れるために常打ち小屋のために奔走されていたのですね。
先日NHK大阪に行った時に買ったちりとてちん手ぬぐい。広げた時に徒然草亭一門のお弟子さん5人に会えた気がしました。素晴らしいデザインですね。落語家さんはお一人お一人手ぬぐいや扇子は違うのでしょうか。
吉弥さんの手ぬぐいもいつかみてみたいです。機会があれば写真を載せてくださいね。リクエストしちゃいました。pu-sanラジオ情報ありがとうございました。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月08日 13:52

こんにちは。
映画はちりとての前に撮っていたのですね。
ほんとお疲れ様です。
でも青木さんにとって、大阪は故郷。
疲れるよりも反対に、癒されるのではないでしょうか。
出ている作品もすばらしい物ですし、一生ものとも思える友達も出来ておられるようですし。
本当に皆さん仲が良いようで、観ていてとても羨ましいです。

投稿者 小次郎冠者 : 2008年02月08日 13:58

ここ数日…吉朝一門とダブってなんやつらいですな~
今日は…キッチュさんにもあ~んな台詞を…
切ないですな~

投稿者 かよまま : 2008年02月08日 14:01

「銀色のシーズン」の監督さん、学生のとき同じ部活だったことが判明!ものすごーい遠いところから草々兄さんとの接点を見出し思わず喜んでしまいました。私も絶対に観に行きま~す!!
ところで、昨日の放送、ボロ泣きもいいところでした。夕飯食べながら観てたのですが、箸が止まり、胸がつまってご飯どころではありませんでした・・・。
最近、家に帰ってから観るのでは我慢がならず、携帯を「ワンセグ」に変えて、朝の通勤電車の中と昼休みに2回、欠かさず見ていたのですが、昨日は充電切れで見損なっていました・・・。不幸中の幸いとはこのことですね。あんなボロ泣き、電車や職場でしてたら大変でした・・・。
徒然亭一門の方々の悲しみ、一人一人がとても丁寧に描かれ、みなさんが演じきっていることに感動さえ覚えました。いや、もはや演技ではなく、みなさん一人一人がその人物になっているのだ、とすら思えてきます。
若狭ちゃんに師匠が「こういうのは順番だ」とお話しするシーン、師匠の表情がもう、何ともたまらなくて・・。あ、今、思い出しただけでも胸がつまってきました。涙が・・・。
実生活でも師匠を亡くされている吉弥さんの心中お察しすると、何とも切ない気がしてなりません・・・。鏡の前で笑顔を作る草原兄さんに、吉弥さんを重ねてみてしまいました。エンターテイメントでご活躍されてる方々の中には、実際にこうした経験をされてる方々がいるのですよね・・・。
先立つ人に心配かけないよう、生きていることに感謝し、一日一日を大切に精一杯過ごしていかなければ、とつくづくそう思いました。
今晩のラジオ、それから明日の土スタで感謝祭の様子やるそうですので、どちらも楽しみにしています!

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月08日 14:04

吉弥さん、こんにちは。
確かに・・・もう昨日から泣かされ通しです。
場面の一つ一つが苦しくて、切なくて・・・。(/_;)
あの笑い泣きは、もう・・・。我慢出来ませんでした。
吉朝さんを亡くされた時も、同じように苦しかったんでしょう。
もう明日からは、ハンカチが何枚あっても足りない気がする。
けっして目が離せない。ちゃんと見守っていかなければ・・・。
でも、苦しく悲しい展開に、胸が張り裂けそうな私です。

投稿者 こたつ猫 : 2008年02月08日 14:22

今朝も号泣でした。つらいです。悲しいです。
師匠、一門の五人やみんなの気持が伝わってきて切ないですね。磯七さんの言葉にも泣かされました。
皆さんおっしゃる様に、吉弥さんも、亡くなられた師匠と重なっていたのでは。
悲しいけど、目がはなせませんね。

pu-san情報ありがとうございます。聞きますね。

投稿者 いまきょん : 2008年02月08日 14:59

みなさま こんにちわ
皆さんと気持ちを共有できてうれしいです。みんな納得です。
こんな見事な脚本を書かれる方はどんな方でしょうね。
ちりちりとてちんさん 明日の土スタで感謝祭の様子やるってほんとですか? 予定を変えなきゃ。

投稿者 ゆめ : 2008年02月08日 16:45

ごめんなさいもう一言。
今日のちりとてでは小草若が草々と若狭に食ってかかるところで一番胸が詰まって涙でした。(-_-;)
小草若の行く末はどんな風に描かれるんやろ?
あ~心配や~。

投稿者 ゆめ : 2008年02月08日 17:15

銀色のシーズン、公開すぐ観に行きました。八方の雪山を大画面で観たかったのもあるけど草々さんが出てなければ行ってません。恐竜みたいな猛々しい草々さんでした。でも短い映画なので、ちりとて、のように脇役一人一人の細かい心情まで描かれてなく物足りないものを感じました。ちりとて、は落語の噺から飛び出してきた人物だらけで、脇役がいなくて皆魅力的です。1度、人物相関図と共に、この人はどの噺をモデルにしてるのかっていう手ほどきを草原兄さんにお願いしたいところです。

投稿者 まるも : 2008年02月08日 19:24

はじめてコメントさせていただきます。
私も銀色のシーズン観ました!初めの方のお風呂のシーンで草々兄さんがいうセリフ。。。手で顔をおおいつつ、思わず指の間から見てました^^
おとくやんに行く前の草々さんはあんな野生だったんですね。
若狭ちゃんと出会って良かったですね^^
ところで、TSUTAYAで落語のCDを借りる毎日です!ちりとてちんに出てくる噺がやはりとっつきやすくて聴きやすいです!今日は枝雀さんの‘地獄八景亡者戯’を聴いて爆笑しております。ドラマのおかげで落語にもはまってしまいました!ぜひ繁昌亭へも行ってみたいです!
ドラマが3月で終わってしまったら毎日撮りためたビデオを見続けます~♪

投稿者 景子 : 2008年02月08日 19:59

ほんとに、目が離せません。
毎日、朝・昼・晩、晩(録画)と見ていますが
ぜんぜん、感動が薄れないというか…むしろ増すばかりです。
草原兄さんは、ほかの4人と違って、
うろたえたりとか泣きじゃくるとか感情をもろに表に出すことはないけど、だからこそ、深い悲しみというか、ものすごく伝わってくるものがあります。

投稿者 銀色のシーツ : 2008年02月08日 20:30

もうすぐ、吉弥さんの「ちりとてちん」♪♪


ちょっとその前に。。。


昨日は、泣いて 泣いて…
「ダブらせてくれるな!」と言われても、やっぱり思ってしまう… 吉朝師匠と吉弥さんのことを…
ステラで、「師匠とのお別れを、もう一度やらせてもらってるみたいで。」とおっしゃっていたのが救いだけれど、つらい思いもあったのでは?…


昨日は、泣いて 泣いて だったので、このままでは涙のダムに溺れてしまう…と、落語をたて続けに5本!見て笑いました。。
だけど、床についたらまた泣けて…


朝、鏡を見て、「こんな目ぇして、会社に行くんかい!!」
どねしよ―――――…(若狭風)

投稿者 若葉 : 2008年02月08日 21:22

さっき吉弥さんの落語『ちりとてちん』をラジオで聴きましたぁ!!
やばい!!めっちゃおもろい\(≧▽≦)丿
音声だけでこの笑い。あーぜひ生で観たいです。いつか絶対行きます。お金貯めときます。ちりとてファン仲間のおばぁちゃんを連れて。

投稿者 みゃいこ : 2008年02月08日 22:07

ラジオ、終わりました~♪
みなさんも、聞いてたかな??
pu-san、情報ありがとうございした!!


音声だけでも、おもしろいですね~(*^▽^*)
「俄か落語ファン」なもので、「音声のみ」は初めてでした…
今度は、CDも借りてみようかな。。


ところで、ステラ「つれづれ大喜利」2/1号
吉弥賞、すてきなのを選んでいただきましたね~(o^-')b


これで、4月以降の「ちりとて欠乏症」に悩んでいるみんなの“痛み止め”にはなりそうです♪♪
特効薬は、【 放映決定!! 】ですけどね!!!
期待。。。


ファンも頑張りますので、「ちりとてファミリー」もいっぱいアピールして下さいね!!
みんなで頑張りましょうo(〃^▽^〃)o

投稿者 若葉 : 2008年02月08日 22:19

吉弥さん、初めてまして。
銀色のシーズン観ました。…2回も(笑)ストーリーも素晴らしかったですが、青木ムネムネくんの演技も素晴らしかったですね。いい味出してました、次郎くん。
ちりとてちんですっかり青木ムネムネくんのファンになりました。顔だけじゃなくて人間性を含めてね。昨日の放送の、部屋で泣きながら若狭を抱きしめるシーンで彼の演技にますます惚れ直しました。一生ついていきます!みたいな(笑)ちりとてちんが終わっても青木むねむねくんをずっと応援&見守っていきたいと思います。
いつか吉弥さんの落語も生で楽しませて頂きたいので地方の方にも足をのばして頂けたら幸いです。

投稿者 むねりん : 2008年02月08日 22:51

ラジオ、拝聴しましたぁ~(*^^)v

なんだか、あっという間の30分でしたぁ~(~o~)

この会場にいらした方、うらやましいですぅ(*^。^*)


私も、いつか絶対、生吉弥さんの高座、聞かせていただきます!!

投稿者 サニー、 : 2008年02月09日 00:11

静岡のぴよこです。
本当にこのブログに出会えてよかった。
土曜の大阪からのラジオで吉弥さんがブログやってます!
それから・・!今日のラジオの情報、pu-san感謝です。
スタジオパークの「ちりとてちん」と違うのりのりの落語が
聞けてうれしかったです。お客さんの笑い声が入っていて。
 朝のドラマもみなさんのコメントを読んで共有できる!!
毎日が一つ得をした気分です。
静岡では、なかなか落語を聞く機会がないので、テレビや
ラジオが楽しみです。いつか、時間を作って大阪まで聞きに
いきたいです。朝ドラは2回みてしまいます。ウルウル。

投稿者 ぴよこ : 2008年02月09日 00:18

ゆめさん、土スタ情報は「ちりとてちん」のHPに出ていました。まるNフラッシュでちらりと様子を紹介するんだと思います。ちょっとだけでも観れたら嬉しいですよね! 外出の予定に差し障りがないことをお祈りいたしております。
ちなみに私も今日の放送は小草若が2人に食ってかかるところで胸がいっぱいになってしまいました・・・。小草若さんの泣きの演技は国宝級ですね。すごいです・・・。それをなだめる草原兄さんの落ち着き、なんだかんだ言って小草若をとっても心配している四草さんの小草若をじっと見つめる目、その他の方々も含め、本当に誰をとってもすばらしすぎて、胸つまるシーンばかりなのに何度観てもみなさんの演技の凄さに感動しております。

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月09日 00:54

今日のちりとて、小梅おばあちゃんのセリフ、何度も何度も巻き戻しては泣きました。またメモりました。それを見てまた噛みしめるように泣きました。
夜9時からのラジオは聞き逃してしまいました。
でも、繁昌亭、吉弥さん出演の日、ついにチケット買いました!3/10は私にとって、初生吉弥落語デーとなります。嬉しいです。
それから、松重さんのブログによると撮影もいよいよ最終週に入るらしいですね。あと2週間とのこと…ずっしり来てます。刻々と「ちりとて」との別れの時が迫っているのだという現実に…。
最後のあがきで撮影観にいきます。来週水曜は子どもの学校の創立記念日で休みなので、子どもたちとじっくり観させてもらおうと思ってます。吉弥さんの出番でありますように!

投稿者 じゅじゅ : 2008年02月09日 01:12

吉弥さん、こんばんは。ちりとてちん、終盤に近づくにつれ展開が転げ落ちるように急でどう表現していいか分かりません。以前出演されてた「新撰組!」、怒涛の展開のなか山崎さんが静かに息をひきとりましたね。激しく生き抜く意味では草若師匠と同じですね。生きるのが一番つらいときに生きようとする姿は偉大だと思います。最後までしっかり見届けたいと思います。

投稿者 パグ : 2008年02月09日 01:32

こんばんは☆
昨晩のNHK第1の「ちりとてちん」録音して今聴き終えました。
会場のお客さんたちのまぁ陽気なこと(笑)今更ですが混じりたいデス
地元でこんな楽しい会があったなんて、存じませんでした(-.-;)

学園前での寄席はまだ続けていらっしゃるのでしょうか?
これからはこまめにチェック致します(*^_^*)

今日の午後は大雪だとか。
ご自愛くださいませ。

投稿者 マングス : 2008年02月09日 01:36

こんばんは。今日BKプラザに撮影を見学に行きました。前はモニター越しでしか俳優さんたちを見れなかったのですが、今日は師匠の家での撮影で、吉弥さんや徒然亭一門のみなさんを近くではっきり見ることができて、とっても嬉しかったです。吉弥さんを筆頭に、撮影の合間には私たちに手を振ってくださって、それが本当に嬉しくて嬉しくて、感謝祭にはずれたショックも一気に吹き飛びました。ありがとうございました。

見てて思ったのは吉弥さんって、しほりちゃんと本当に仲がいいんですね!手あそびしたり、変な動きしたり、2人で仲良くあそんでる姿を見てほのぼのしました。吉弥さんも手じゃなくて足を振ってくれたりしておもしろかったです。今日撮影していたシーンも、すごく素敵なシーンで撮影を見れてよかったです。本番の映像を見て感動しました。幸せなひとときを過ごすことができました。ありがとうございました。

新メンバーの辻本くんもいましたね!前に茂山さんがスタジオパークで言ってましたが、徒然亭をひっかきまわすみたいで楽しみです。ただ見学に来ていたほかのお客さんは、「あれ、誰?」「スタッフじゃない?」とか言っている人もいたので、ちょっとかわいそうでした。辻本くんは前に金八先生に出ていて、すごくいい演技をしていたので楽しみです。撮影を見学したとき、徒然亭のみなさんは手をふってくれましたが、辻本くんは遠慮していたのか、手を振ってくれなかったので、少し残念でしたが、辻本くんにもよろしくお伝えください。

撮影もあとわずかだと聞きました。寂しいですが、がんばってくださいね。応援しています。今日はかわいらしい吉弥さんを見れて、うれしかったです。それではおやすみなさい。

投稿者 めぐみ★ : 2008年02月09日 01:43

ラジオ放送の吉弥さんの落語「ちりとてちん」を拝聴させていただきました。
吉弥さんのお声のない間のお客様の笑い声。凄く気になります。
落語は聴くだけでなく、観るものだと痛感しました。
「ファン感謝祭」では、ご披露されたようですね。底抜けに羨ましいです!
いつかきっと生で吉弥さんの落語を聴きたいと思います!!


前の方も書いていらっしゃいましたが、松重さんのブログに最終週の台本の写真とあと2週間の文字が。
もうそんな時期なんですね。凄く寂しく思います。
残りの収録を存分に楽しんでください。くれぐれもお身体には気を付けてくださいね(^_-)

投稿者 さよ : 2008年02月09日 01:45

ラジオ放送の吉弥さんの落語「ちりとてちん」を拝聴させていただきました。
吉弥さんのお声のない間のお客様の笑い声。凄く気になります。
落語は聴くだけでなく、観るものだと痛感しました。
「ファン感謝祭」では、ご披露されたようですね。底抜けに羨ましいです!
いつかきっと生で吉弥さんの落語を聴きたいと思います!!


前の方も書いていらっしゃいましたが、松重さんのブログに最終週の台本の写真とあと2週間の文字が。
もうそんな時期なんですね。凄く寂しく思います。
残りの収録を存分に楽しんでください。くれぐれもお身体には気を付けてくださいね(^_-)

投稿者 さよ : 2008年02月09日 01:45

吉弥さま。初めましてです。
突然ですが、吉弥さんの目が好きです!羨ましほどの綺麗な二重、理想です。

先日のちりとてちんで楽屋での、笑顔を作り堪えきれなくなるシーンに、ドラマを見て、初めて声を上げて泣いてしまいました。スタパでの話で、実生活でも師匠を亡くされてると知りましたので、その想いと重なったのではと、さらなる涙でした。

ちりとての青木さん、草々さんのアフロは怖かった(笑)。男性の髪型は短いのが好み、ロン毛は論外的な私。息子達もスポーツ刈りです。近頃では「草原兄さんみたいにしてきいや」と散髪屋に行かせてます。

投稿者 ぺんぎん : 2008年02月09日 07:54

 吉弥さんこんにちは!2度目の投稿になります。1月末から「ちりとてちん」と「桂吉弥」にズボっとハマってしまった私は、40年ぶりに日記を書き始めています。そして今週は毎日泣かされてしまいました。(ついさっきも…)特に印象に残っているのが草若師匠の言葉『消えていく命をいとおしむ気持ちが、だんだん、今生きとる自分をいとおしむ気持ちに変わっていく。そしたら、今よりもっともっと一生懸命生きられる。もっと笑って生きられる。』です。人が逃れられない「別れ」。奥の深さを感じました。最近も時々ニュースになる『親が自分の子ども(乳児)を殺す』という事件。その親は『消えていく命をいとおしむ気持ち』を持ったことがないのかも…と考えてしまいます。核家族化の弊害でしょうか? 
 ところで、先日『落語笑笑散歩』を拝見しました。吉弥さんには、人を引き込む力がありますね。生まれつき持っている才能だと思います。「ちりとてちん」の中でも、着物の着こなし・お辞儀の仕方・表現力には、プロの風格を感じます。これからも私たちを笑わせ・泣かせてください。

投稿者 埼玉のチョビ髭 [TypeKey Profile Page] : 2008年02月09日 10:37

ちりちりとてちんさん
お返事いただいて底抜け~に嬉しいです。(^_-)
ちりとてのおかげでこんな言葉まで使うようになってしまった
わたしです。ウン10歳なのに~。
早速ホームページ見ました。24日ですね!PM14:30から30分弱
なんとその日はマイバースデイ 放送見ながらケーキ食べよ!
ちりちりとてちんさんもきっと見てる!と思いながら(^^♪

投稿者 ゆめ : 2008年02月09日 11:15

吉弥sんこんにちは。
ABCラジオを聞きながらパソコンに向かっています。
こともあろうに、昨晩放送まで後5分というところで別のことをし始めてしまって吉弥さんの「ちりとてちん」の上方演芸会の放送を大遅刻してしまいました。涙でした。

しかしNHK視聴者センターにお聞きしたところ、(待っている間ちりとてちんのテーマ音楽がかかっていました。)

■再放送は2月17日(日曜)午前10時05分から。
今度はラジオ第2放送で再放送があるそうです。
私のように聞き逃してしまわれた方一緒に聞きましょうね。
「吉弥さんカレンダー」を作りたいと思った昨日の夜でした。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月09日 11:37

吉弥さん、こんにちは。今週は「ちりとて」に泣かされっぱなしで…通勤途中にワンセグで観て毎日泣き顔で出勤するので、友達に心配されてしまいました(笑)泪、泪の1週間でした。ほんまに切ない、やりきれない…他界した父のことを思い出し…余命半年で父も草若師匠のように延命治療を拒み…いつも氷川きよしを歌いながら残りの時間を目一杯生きて穏やかに逝った父。ほんまに蜩の一生みたいやな思いました。
なので今週は小草若ちゃんに移入して見てしまいした。仏壇屋の菊江さんの前でしか「仁志」になれない小草若、切ないです。また、草若師匠のセリフ、全てに含蓄があり重く残ります。こんな脚本書いてる藤本先生ってほんまに凄い人やなぁ。
「草原兄さん」を演じられてる吉弥さんの心中、あの泣き笑いのシーンに凝縮されてたような気がします。「ちりとて」への想い、「草原」と「吉弥」の間を気持ちが往き来してる感じがしました。そういう思いが「桂吉弥」を形成しているのですね。でも、もしあれが全て演技だったら…お主も相当悪よのぅ!(笑)渡瀬さん以上の大物ですよ、吉弥さん。
出会ったら必ず別れが来るのが世の常。年功序列なら吉弥さんより私が先。暫くはこの世で落語、楽しませてもらいます。
長々とごめんなさい。吉弥さん、どうぞご自愛下さいませ。

投稿者 まっつん : 2008年02月09日 12:43

土スタで、ちりとてちん、ファン感謝祭の模様をチラッと、
拝見しました。

ちりちりとてちんさん、情報ありがとうございました。

我ながら思うのですよ。
こんな風に、一つの番組を追っかけるなんて、
これまでになかったこと。

それだけ、この「ちりとてちん」に、はまってるってことですね。

このドラマが終わったら、ほんと、

どねぇしょう(~o~)

投稿者 サニー、 : 2008年02月09日 15:33

土スタでファン感謝祭の様子を垣間見ることができ、いよいよ24日の放送が本当に楽しみになりました。収録も残りわずかということで、BKプラザに何とか一度は行きたいと思っております。

投稿者 まるちゃん : 2008年02月09日 16:06

ゆめさん、サニーさん!
わざわざお礼の言葉をいただきありがとうございました。
いや~、「底抜けにぃ~、嬉しいおますがな~」
(あってますか?関西弁・・・)
吉弥さんには申し訳ないのですが、こちらのブログを通して「ちりとてちん」や落語、その他、いろいろなことについて気持ちを共有できることにものすごーい感激しているワタクシでございます。私もこのような形で一つの番組を観るのは初めてです。ホントに、こういう機会を与えてくれた吉弥さんに感謝しております。ありがとう~!!
そして、pu-san情報をいただいていたにもかかわらず「一杯だけ」と帰りに飲みに行って「ラジオがあるから」と早めに帰ってきたのに時間に間に合わず全部聴けなかった自分を、底抜けにアホや!と自責の念にかられて今日一日を過ごしておりましたが、岡山のきょうちゃんさん!再放送の情報を調べていただき、本当にありがとうございました!!!もう2月17日は朝からラジオ第2をつけておきます。この情報も、きっとまたたくさんの吉弥さんファン、ちりとてファンを救うでしょう!!!

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月09日 22:58

今週も素敵な放送でした。

私事、
TSUTAYAのレンタルCDで、
吉弥さんが内弟子された
米朝師匠の「地獄八景」
(いうまでもなく、ものすごい面白かったです。)
をあらかじめ予習して
おいてから
今週の放送回を、拝見した次第。

吉弥さん、、、
視聴者も成長してまっせ。。。(苦笑)

なので、
今日、土曜の放送回で、
重病の師匠が、一日退院して、弟子の前で
あの激しいネタ、1時間ねたを。。。
の下りには驚き!

さて、
以下、
私の上方落語のこの3ヶ月の、のめり具合ぶり自慢を
(苦笑)


ちりとてちんに夢中に(10月)
→ちりとてりんガイドブック(12月)
→ステラ定期購読(1月)
→東京なもんでまずは先日鈴本デビュー
→米朝師匠のCDレンタル開始
まずは、「ちりとてちん」関連作から
→米朝師匠「落語と私」を読み始める(2月)
→吉弥「DVD」をアマゾンで予約

と、どんどん上方落語にはまっていく私。

40過ぎで新しい趣味を授かり
感謝です。

なにより自分の中で
大きいのは神戸出身なのですが、
実は、あまりこれまで、
関西弁や大阪が好きではありませんでした。。。

それは、
このサイトやからあえていうと、
漫才ブームからはじまる一連も
バラエティ的な関西、大阪にどこか
嫌悪感を覚えていたように思うからです。


さすがに関西に23年も住んでいたので
身体のどこかには残っていますが、

これまで昇華できていなかった
米朝師匠偉業をはじめとする
上方落語という
「はんなりした大阪の上品な文化」のよさ、素敵さを
ようやく感じ始める感性が育ちはじめているところなんですね。
おそまきながら。。。。

やはり、大阪は、
あまりにもこれまで
漫才やバラエティの印象が強すぎました。

まだ米朝師匠がお元気な間に
確認できたのは、
自分の中での一生の財産になるかもしれません。

ありがとう
「ちりとてちん」

ありがとう
吉弥師匠!

P.S
そろそろ吉弥さんにも
弟子入り殺到中では????
(笑)

投稿者 ちりあきちん (神戸大の近く六甲で生まれ育つ) : 2008年02月09日 23:33

三度失礼します。
>ちりとてちんさん!同じような方がいました。
私もそりゃーもう・・・底抜けに落ち込みました。

後5分というところでコーヒーを作ってコタツに入って子供と一緒にテレビを見ていたんです(あほです)
夕方子供の塾の先生が「夜9時に懇談に来てください」といわれたのを「ちょっとその時間は・・」と変更までしてもらったのに。気づいたらもう残り5分でした。
お一人でも役立つ方がいらしてよかったです。
16日にはまた忘れていなかったら情報を書きますね。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月09日 23:46


吉弥さん今晩は。

昨日の土スタパで、私も感謝祭の様子をチラリと拝見させて頂きました。 皆様がお客様と握手をしてらっしゃるのを拝見して思わず「えぇ~!羨ましい~!」とテレビの前で叫んでしまいました (;^_^A

で、一念発起(?)致しまして、もし明日雪で新幹線に悪影響が出ていなければ、大阪に参ります!(驚)
今までの私だったら、決して考えられ無かった事ですが、やっぱり今回だけは後悔したくありませんので!
でもスタジオ見学って、事前申し込みが必要なのですよね?確か? 流石にそれを確認してから行った方が良いかしら?…イヤイヤ!それじゃあ何時もと変わらないもの、やっぱり行ってしまいましょう!(笑)

吉弥さんや四草様を拝見出来るかな?…出来るとイイナ…先ずスタジオ見学、出来るとイイナ…そもそもスタジオに入れると…イイナ…(-_-;

まぁ、ネガティブ思考は一先ず置いといて(←って、オイ!) 初めての無茶旅行、頑張りま~す!(爆)

素敵な皆様にお会い出来る事を夢見ながら、お休みなさいませ。

投稿者 四草らぶ : 2008年02月10日 02:42

いつもちりとてちん見てます
このちりとてちんで吉弥さんを知り本物の落語家であることを知りました
きっと草若師匠も草々、小草若、四草兄さんそして若狭ちゃんも草原兄さんみたいな人と仕事ができいいなと感じます。
ちりとてちんで落語に興味を持ちました。
ぜひ静岡でも落語会やってください。
後少しの撮影頑張ってください

投稿者 佐野友美 : 2008年02月11日 20:24

初コメントです。「ちりとてちん」毎日楽しく拝見しています。
土曜スタジオパークでの、内弟子時代の話や、亡き吉朝さんのお話など感激しきりでした。
私も大学に入って、上方落語好きの奴に出会い、上方落語の面白さ、奥深さにはまりました。(ちなみに初めて聴いた落語は、その友達がやってくれた「青菜」でした)
今度2月14日に繁昌亭にいきます。生で吉弥さんの落語を聴けるのは、とても楽しみです。「立ち切れ」で泣いてしまうくらい、聞き込みたいと思ってます!!

投稿者 ひーやん [TypeKey Profile Page] : 2008年02月12日 15:32

yZp8Qo http://www.FyLitCl7Pf7ojQdDUOLQOuaxTXbj5iNG.com

投稿者 NY : 2017年07月31日 05:27

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。