≪ ねどこ | メイン | うちあわせ ≫

2008年02月15日

はんじょう

今日は『桂吉弥の新お仕事ですin繁昌亭』にお越しいただきありがとうございました。お見送りに出たかったのですが、ちりとてちんに戻ってきまして…草原やってました今まで。何しろ今週来週で撮りきらないとあかんからね。差し入れをいただきました方々にもあつく御礼申し上げます。 また繁昌亭でお会いしたいです、みなさまと。ありがとありがとありがとう。

投稿者 kichiya : 2008年02月15日 02:37

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2261

コメント (44)

夜分遅くにはじめまして。

わあ!今し方まで草原兄さんだったんですね。繁昌亭と合わせてお疲れ様です。

ちりとての収録が結びに近づいているんだなと、今日の吉弥さんのブログで改めて実感。

いいゴールを迎えられるよう願っております。

投稿者 丸に花菱 : 2008年02月15日 03:09

こんなに遅くまで、お疲れさまでしたm(__)m
収録もいよいよ追い込みですね。


「ちりとてちん」の収録も1週間あまりですか…寂しいですね。
遅ればせながら「ちりとてちん」で吉弥さんを知り、落語に興味を持ちました。
いつかは一度で良いので、吉弥さんの生落語を観たいと思います。


ドラマが終わってからも、吉弥さんを応援させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

投稿者 さよ : 2008年02月15日 03:23

吉弥さん、深い時間までのお仕事、お疲れ様です。そして、お忙しい中でのbkでの「お手ふり」、そして繁昌亭でのひととき、ありがとうございました。
「かぜうどん」笑わしていたたきました。相変わらず美味しそうに召し上がりますねぇ~うどん食べてから繁昌亭へ行ったのですが、帰りにまたうどん食べて帰りました(笑)
さん都さんが「ハンカチのご用意を!」とおっしゃってましたが、「たちぎれ線香」…泣いちゃいました…切なくて切なくて…できることなら、ずっとお線香焚いていたい、そない思ってしまいました。吉弥さんの芸の深さを改めて感じました。ほんまにすごいお人ですね、吉弥さんって。感銘しましたm(__)m昨夜は帰りに感動を戴いたお礼を一言申し上げたくて出待ちしてしまいました(ゴメンナサイ)が、声を掛けられず(カゼではありません[笑])、急がれていたご様子だったので、タクシーに乗られるお姿を少し遠くからお見送りさせて戴きました。吉弥さん、感動をありがとう。しばらく大阪へは来れませんが、これからもずっと吉弥さんの落語を聞きたい…改めて思いもった一夜でした。
撮影もラストスパート、睡眠不足でお身体大変でしょうが、「徒然亭草原&原田優夫」楽しんで下さい。ほんまにありがとうございましたm(__)m
長々すみません。

投稿者 まっつん : 2008年02月15日 04:03

繁昌亭お疲れ様でした。
つい先日、『寝駄を寝太にする会』を観に初繁昌亭に行ってきました。
かなり久しぶりの寄席で、めっちゃ楽しかったです。
また次 都合がつけば、吉弥さんの落語会にも行きたいと思っています。
ちりとてちん もう撮影も終盤ですか?
寂しくなりますね(T_T)
一度撮影現場行きたいです。
頑張ってくださいねp(^^)q応援しております。

投稿者 まっちゃん : 2008年02月15日 05:53

吉弥さんおはようございます。
昨日はとてもお忙しい一日だったんですね。
テレビ小説でこんなにはまったのは『さくら』以来です。

昨日久々に46回頃から数話子供と見返しました。喜代美ちゃんが弟子になる瞬間、ちゃんとお兄ちゃんたちで見届けていたシーン、感動的でした。
ドラマでの天狗座は繁昌亭の建物なのでしょうか?それとももっとももっと小さなホールなのでしょうか?
今日の写真。吉弥さんの職場からのアングル。ますます繁昌亭に行きたくなりました。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月15日 06:43

連日連夜、遅くまでお疲れ様です。昨日の『たちぎれ線香』では繁昌亭全体が一体化した空気感を堪能し、聴き入ってしまいました…実に切ない。物音ひとつ立てるのも恐れ多い位…
「今、落語家2人分の人生を歩いてる」と言う、吉弥さん。喜び悲しみは2倍でしょうが、苦労はそれ以上。そして何よりも、苦労以上に楽しんで有終の美を飾って下さい。

投稿者 そうや : 2008年02月15日 07:00

遅くまでお疲れ様です。昨日の「たちぎれ線香」、拝見させていただきました。自分でも気づかないうちに凝視していて、お開きになった後、目が真っ赤になっていました。純愛ですね、
本当に哀しいとき人の時間って止まるんやな、と思いました。「哀しい」表現にもたくさんあるんですね。今日も一日頑張って下さい!

投稿者 パグ : 2008年02月15日 07:48

再び失礼します。

感動のあまり書き込みさせてください。
草原さん、今日の兄さんはかっこよかったです。一番上のお兄さんの役目を立派に果たしておられました。
あの混乱かのなか『二番太鼓』をちゃんと聞き取った冷静な四草さんにも拍手でした。師匠は魂は天狗座にいかれていましたね。
明日も楽しみにしています。今日も撮影でしょうか。頑張ってくださいね!

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月15日 08:34

おはようございます。はじめまして、コメントさせていただきます。
こんなに遅くまで収録!と驚き、朝のちりとてちんを見ておりました。毎日の元気の元なんです、欠かせません。
ちりとてちんで、吉弥さんを知り、落語にも興味をもつようになりました。地元大阪なのに行ったことがなく…今回の繁昌亭で聞かれた方はうらやましい限りです。
ちりとてちんの収録も来週までとは、少し寂しいですが、私も来週に大きな試験があるので、勝手にちりとての皆さんと一緒なのだと思って(思わせてください)がんばっていこうと思います!3月にも繁昌亭に出られますよね。そちらに初落語で行かせていただきます♪長々失礼しました。応援してます^^

投稿者 きよ : 2008年02月15日 08:43

昨日、初、上方落語/繁昌亭/吉弥/
NHK大阪スタジオ見学(焼き鯖のお店の撮影のみ)
デビューさせて頂きました。

当日だったので入れるかなと思っていたのですが、
並んでいると、券の余った親切なおねえさまから
指定席を譲って頂き、
前から5列目の中央特等席で、超ラッキーでした!
(おそらくこのBLOGお読みになっていると思います。
ありがとうございました!)

しかも落語の先輩にいろいろ
落語の楽しみ方を教わったり、ありがたったです。


上方落語デビュー者としては、
まくらで、
ちりとてちんの話していただき、
はいりやすかったですね。

かぜうどんおもしろかった。
たちぎれ線香は、
ちりとてちん→米朝CDで学習済みでしたので
じっくり楽しませていただきました。
お話のテンポが「特選!!米朝CD」より
さらにじっくりゆっくり
だったですねー。これは米朝さんというより
吉朝師匠のスタイルなんでしょうか?

また、並んでいる際に
ちりとてちんのファンの方とも
お話でき、その後お茶もご一緒させていただき
「ちりとて」周辺談義ができてよかった。
(おそらく、その方たちも、
このBLOGお読みになっていると思います。
ありがとうございました! 笑)

その方たちも、「ちりとてちん」がきっかけで
今年から寄席にきたり、「地獄八景」を予習して
ドラマみたりされているとおっしゃっていました!
上方落語、
ちりとてちんが終わっても広がるんじゃないでしょうか。

吉弥さんの落語、
TVでは見ていたのですが、
実際に拝見すると
ご自身の会ということもあるのでしょう、華がありますね。
少し風格も感じました。

米朝CDをきいて演目覚えつつ、
吉弥さんの寄席にも
今後どんどんいかせていただきたいと
思います。

TSUTAYAに加えて、
近所の
図書館で米朝CD全集見つけまして早速予約しました。

「ちりとてちん」の放送終了後を思うと、
超不安、前後不覚になりそうでしたが、
上方落語そのものにはいっていけそうな感じがしてきました。
「ちりとてちん」がおわったら、
これからは、上方落語の楽しみで
生きていけそうです。(笑)

超お忙しそうですが、
歴史に残りつつある名ドラマ
ちりとてちん、、、
撮影残り頑張ってください。

投稿者 ちりあきちん : 2008年02月15日 10:14

昨日は吉弥さんの、生落語初めて観ました

笑わせて頂いたのはもちろんですが、

繊細な手のしぐさに”すごい”と感動しました

手紙の封を開けるしぐさ、昔のたばこをすうしぐさ、

せんす1本で、あんなにリアルに見せられるなんて、

私の頭の中で、映像が浮かんで、古典落語の世界へ、

引き込まれてしまいました

3月6日のチケットもゲットできました

投稿者 sawa : 2008年02月15日 10:39

14日の繁昌亭、ほんとに聴きに行ってよかったです。吉弥さんを目の前で見られるだけでも感激なのに、大ネタの「たちぎれ」まで聴けるなんて・・・。
マクラで吉朝さんの話をされて、ほろりとさせられるかと思ったら、「お前(吉弥さん)は、下ネタ好きやから「エロ弥」や。思わずメクリを見て笑いました。でもぜんぜん下品じゃなくて、師匠への深い深い愛情を感じて、暖かい気持ちになりました。
また「たちぎれ」のマクラでの米朝師匠との祇園の話も、楽しかったです。「たちぎれ」で番頭が「三文がんほど笑う」のところをこれから修行されるとおっしゃっていました。私も初めて米朝師匠の「たちぎれ」をCDで聴いたとき、どんな仕草やろな?と想像して笑っていました。吉弥さんの「たちぎれ」がまた聴けることを楽しみにしています。

投稿者 ひーやん : 2008年02月15日 10:53

昨夜の繁昌亭楽しみました。かぜうどん、しきりにお腹がなりました。それとちょっぴり枝雀さんのかぜうどんをおもいだしてました(すいません)。今朝3月6日のチケットを買いに繁昌亭へ行きました、家が近くなもので。そしたら11時の発売なのでピアとかで売り切れるかもといわれ、あわてて家に戻り10時15分頃TELつながるも完売。てっきり繁昌亭の分はおいてあると思ってたのです、昨夜のチケットは繁昌亭の窓口で買えましたし。ますますチケット争奪戦が大変なことになりそうです。でも皆1度聞いたらまた次も行きたくなるのは当然ですよね。

投稿者 EM : 2008年02月15日 11:13

昨日はお疲れ様でした。
「ちりとてちん」の収録もラストスパートなんですね。くれぐれも体調にはお気をつけください。

兄が落語好きで米朝全集、枝雀全集をカセットにいれ(当時はLPレコードでした)車の中でよく聞いておりました。
そのおかげで子供の頃から落語に親しんでおりましたが、
結婚後今の地に来て(熊本)商店街の企画で亡き文枝師匠が高座をかけて下さった時に聴いたのが唯一の生落語の経験です。

関西にいた時にもっともっと聴いておけばよかったと度々後悔しております。「ちりとてちん」のおかげで落語の認知度が高まってもっとテレビなどでも放送されるといいなと思っています。

今朝の放送も滂沱の涙。草原さんと吉弥さんがごっちゃになってつらい事もありますがしっかりと拝見しております。
今日もぎゃんばってください

投稿者 しっか [TypeKey Profile Page] : 2008年02月15日 11:39

こんなに遅い時間まで収録されているのですね( ゚_゚;)

昨日、BKプラザ(午前中)と繁盛亭の立ち見で生吉弥さんを拝見させていただきました。すっかり追っかけみたいになってしまいました(^^;

BKでは確か4兄弟の中で草原兄さんが一番早く手を振っていただけたように記憶しています。吉弥さんのファンサービスには頭が下がります。ただ撮影の様子が壁に遮られてモニターでしか見られなかったのがちょっと残念です。でもドラマってあんなに丁寧に作られているとは思いませんでした。クランクアップまでもう少しですね頑張ってください。

繁盛亭は急に思い立っていったもので指定席が買えず立見席を1時間くらい前から並んでGETしました(^^)v。
内幸町も寄らせていただいて、根多が同じだったのでどんなものかと思っておりましたが、たちぎれ線香は機器ごたえたっぷりで、聴けば聴くほど心に染み入り、昨日は思わず号泣してしまうところでした。繁盛亭の客席の皆さんも反応も良かったですね。

私は神奈川在住のため繁盛亭はなかなか行けないですが首都圏での公演の際はまた寄らせていただきたいと思います。

投稿者 雄策 [TypeKey Profile Page] : 2008年02月15日 11:51

コメントをたたんでくださってありがとうございました。
どこからどこまで。。?と、吉弥さんの日記を探すのに
苦戦していました。
いまの気持ちは小春日和です。
吉弥さん、ご自愛ください。

投稿者 見やすいです : 2008年02月15日 12:41

撮影、遅くまでお疲れさまです。高座の後にもうひと仕事、大変ですね。お体にはくれぐれもお気をつけ下さいね。繁昌亭、とてもすてきな所ですね!みなさんの寄付でできた寄席と聞いております。みなさんの思いと落語家さんの思いがクロスする素敵な場所、そんなところが仕事場だなんて幸せですね~。撮影現場を見れた人たちのお話、羨ましいと同時に、どんな感じなのかなぁ~、といつも想像しております。もうすぐ終わり、ということで、自分が行ける機会がないのが残念です。また素敵な写真で様子をぜひおしえて下さい!
チケット争奪戦なのですね。4月の浅草にはぜひ行ってみたいと思ってます。気合入れて、ぎゃんばって取らなきゃ!
ではこれからワンセグで今日の放送を見ます!!う~、どうなってるんでしょう・・。

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月15日 12:46

吉弥さん、ここの常連の皆さま、初めまして。
昨夜やっとこさ繁昌亭デビューを果たせた幸せもんです。
繁昌亭で大熱演の後に遅くまでの収録、ほんまにお疲れ様です。
仕事でくたびれてる友人を強引に連れて行ったのですが、帰りには
すっかり元気になってました。笑いの効果は素晴らしいですね。
今週のちりとてちん、草若師匠の様態が吉朝さんに重なってしまい
とても悲しくて・・・吉弥さん、健康には気をつけてくださいね。
3月6日のチケットもぎりぎりゲットでき、今から楽しみです。
でも、「ちりとちん落語会」って??
昨夜チラシを見た時から、ずぅっと気になってます。
まさか。「て」抜き? んなあほなぁ・・・

投稿者 ぱんだぬき : 2008年02月15日 13:59

「ちりとてちん」の草原兄さんは素晴らしいです。
このドラマで初めて吉弥さんを知りました。
もっと知りたいと思い、早速「京都散歩」のDVD注文しました。
来るのが待ち遠しいです。早く来るといいな。2時間も楽しめるなんて最高です。
「地獄八景亡者戯」も吉弥さんで、DVD出してください。

投稿者 おりたん : 2008年02月15日 17:20

連日お忙しいですね。ちりとて収録もコツコツと終わりに近づいているんですねぇ。お体に充分御配慮頂き、最後の最後まで、大好きなちりとてちん、徒然亭一門を演じきって下さいまし!

投稿者 ひろすけ : 2008年02月15日 20:59

繁昌亭落語会に、遅くまでの収録、お疲れ様です。
みなさんの「たちぎれ」の感想読んで、想像を膨らましております。こんなにも聴く人の心をとらえることのできる落語というものの素晴らしさにますます憧憬を深めました。
ちりとてラストスパート、そしてこれからの吉弥落語、しっかり観・聴きしていかしてもらいます。

投稿者 じゅじゅ : 2008年02月15日 21:09

兄さん、今朝は号泣でしたよ。
草原兄さんの優しさと強さに、ホントにじ~んとしました。
泣き顔のまま、地下鉄に乗って出勤しましたよ・・・。
最近、やっぱり「ちりとてちん」効果か、TSUTAYAの落語CDはかなりの数、「レンタル中」になってますよ~っ。

投稿者 こより : 2008年02月15日 21:15

遅くまでお仕事お疲れ様です。
繁昌亭も素晴らしかったようですね。行かれた方々うらやましいなぁ。チケット取るの大変なんでしょうか。いつか行ける日を楽しみにしながら、色んな落語聞いて勉強しときます。勉強っていうか、単に聞いてて楽しいんですけどね。
撮影も頑張って下さいね。

投稿者 いまきょん : 2008年02月15日 22:20

吉弥様こんばんは。繁昌亭に引き続き『ちりとてちん』の収録お疲れ様でした。繁昌亭は大盛況だったご様子で、会場にいらっしゃった方ラッキーでしたね♪繁昌亭の中はこういう様子なんですね。先回大阪にお邪魔した時は外観だけしか見られなかったので、このお写真は嬉しいです。投稿時間02:37になっていますね…遅い時間まで本当にお疲れ様です。お蔭で毎日楽しく『ちりとて…』が見られます、ありがとうございますm(__)m…今朝の『ちりとてちん』草原兄さん立派でした、素敵でした♪でも、切なくて涙無しでは見られなかったです~(:_;)(…だから8:30の森本健成さんはお休みやったんかなぁ~)撮影も来週でお仕舞いとか。お身体をいたわりながら、残り僅かな貴重な時間をたっぷり楽しんでください♪

投稿者 あゆこ : 2008年02月15日 22:35

遅くまでお仕事、お疲れ様です。
私らが寝てる間も草原さんやったんですね。
ホントにお疲れ様です。
毎日のちりとてが、わたしの明日の活力。
とはいえ、無理はなさらずに…。
繁昌亭での寄席、大盛況だったようで(^^)
舞台から見える景色って、こんな感じなんですね。
ちょっとだけ、落語家さんになった気分♪
繁昌亭、チケット取れたら行きたいな。

投稿者 銀色のシーツ : 2008年02月15日 23:56

こんばんは。こちらへは初コメントになります。
吉弥さま、落語会につづき深夜までの収録本当にお疲れさまでした。こんなに大変なスケジュールのなかで、あの素晴らしい演技をしてくださっているんですね(偉そうにごめんなさい・・)優しくて頼もしい草原兄さん、大好きです。 吉弥さんをはじめ共演者の皆さん、スタッフの方々が力を合わせてこの素敵なドラマを私たちに届けてくださっていることに心から感謝しています。一言お礼申し上げたくてお邪魔してしまいました。
お忙しいスケジュールが続くようですので、くれぐれもお身体を大切になさってくださいませ・・こちらにいらっしゃる皆さまと同じようにこれからも吉弥さんと落語を応援させていただきたいと思っています。

投稿者 ゆーま : 2008年02月15日 23:56

草原兄さん!今日の、若狭が涙をふいて高座に上がった後、彼女のおもろい話を受けての、細かいリアクションが良かったです。特に、客席の反応を見る時の目線は、演出家の狙いもあったでしょうが、ほんまものの落語家である証明であったと思います。

若狭ちゃんにお伝えください!私は、今日の彼女の、口をへの字にして、涙をこらえるところと、底光りのする眼差しに圧倒されました。これまでの彼女の役柄ゆえのオーバーアクションから、脱皮するところに感服しました。

実は、昨年の大河ドラマに出演した時は、(これは有望な女優が出てきたなあ)と思いましたが、この「ちりとてちん」では、クドサが苦手でした。これは、役柄と演出のせいなのですが、以前に自分の再就職の際に、このマイナス思考の若い女性に嫌な思いをさせられたことがあり、またお顔も似ていたこともあり、ずっと冷めた目で見ていたんですね。(失礼)
実際の彼女は、賢く、さっぱりした女性だと思いますがねえ。

彼女の、天性の演技力を実感させられた回でした。

投稿者 @あんず : 2008年02月16日 00:22

 はじめて書かせていただきます。
吉弥さん、連日遅くまでの収録、お疲れ様でございます。
15日の放送は涙がとまりませんでした。草原役の吉弥さん、兄弟子らしく、決めるところはばしっときめておられましたね。
かっこよかったです! 吉朝師匠のことを思い出されたのではありませんか?
明日の放送を見るのが すごく怖いです。
 全然話がかわるのですが、 今日、 テレビ「ちりとてちん」のサントラ盤のCDを買いに行ったら、店員さんに
「3月に吉弥さんの「ちりとてちん」のライブCDが発売されるよ」と教えてもらいました。
繁昌亭で録音されたものだそうで、しっかり予約して帰って来ました。
これでいつでも吉弥さんの落語が聞ける!! とても嬉しいです。 発売日が待ち遠しいです。
明日は朝からナマラジオご出演ですね。しっかり聞かせていただきます。

投稿者 まゆこ : 2008年02月16日 00:27

 こんにちは。三度目の投稿になります。今週も「ちりとてちん」では充分に泣かせて頂きました。それにしても、金曜日の草原兄さんは格好良かったですね!『講座をすっぽかしても父親の病院に行こうとする小草若に語りかけるシーン』『悲しみのために立ち上がれない若狭に語りかけるシーン』惚れ惚れしました。
 と同時に、現実の落語家さん達もあのような道を通って来られているんだということを教えて頂きました。プロとしての道の厳しさを。吉弥さんも、かなりのハードスケジュールこなしておられるとのこと。お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

投稿者 埼玉のチョビ髭 [TypeKey Profile Page] : 2008年02月16日 10:06

吉弥さん、今朝の放送も泣きました。師匠との別れを乗り越えて弟子たちは前進し成長していくんですね。収録も追い込みのご様子、そして落語会にラジオ、お忙しい毎日と想像しています。でもこうして出てくださることが私のエネルギーになっています。落語会はどうしても帰りが遅い時間になりますし、今の時期、道路凍結を怖がらないタクシーを拾うのが大変だと聞きました。家に帰るのもひと苦労ですね。お体をお大事に、頑張ってくださいね。

投稿者 みずき : 2008年02月16日 10:26

本当にこのドラマに出会えて本当によかったです。
落語の面白さも初めて知りました。
今日の吉弥さんのシーンには涙が止まりませんでした。
本物の落語家さんだからこその素晴らしい演技でした。
まだまだ未熟な青木夫婦を見守って徒然亭の落語を伝えていく草原兄さんの男気を感じた今日でした。
地獄八景は長い話で大変の様ですが吉弥さんにこれからは聞かせてほしいですね。
死も恐ろしい事ではない皆が待っていてくれる所だと思えて
今日の放送は感動の中にも安らぎの気持ちに成りました。

貫地谷さんの演技力のすばらしいさ
青木さんには今後の活躍の期待
茂山さんは本業の狂言
加藤さんは小劇場と
本当に素晴らしい五人兄弟ですね。NHKさんに感謝。

投稿者 ひろこ : 2008年02月16日 13:52

始めまして☆
いつも「ちりとてちん」を楽しみに観ています♪

北海道には落語が身近に有りませんでした。
ラジオかTVで聞くだけの世界でしたが、ちりとてちんを拝見し、
落語の面白みが少しづつ解るようになりました。

最初、ちりとてちんを見た時、草原さんは役柄とはいえ
落語家そのままで、演技が「上手だなぁ」と、感心しておりました。
その後、プロフィールを見て 本物の落語家さんと判明☆
やっぱりな・・・・上手いはずだぁ(笑)

今日の「ちりとてちん」の放送にもありましたが、
「草原が居なかったらバラバラな弟子を ようまとめられんかった」
と言う台詞がありましたね!

私は、この台詞のように 「ちりとてちん」というドラマに草原役の
吉弥さんが居なかったら こんなに面白いドラマにならなかったと思ています。
そして、落語の面白さが こんなにも伝わってこなかったと思っております。
吉弥さんが居たからこそ!弟子の雰囲気がかもし出されたのだと思います☆

吉弥さんへの興味が 上方落語の面白さに繋がり、
今はすっかり落語ファン(^^)

北海道ではまだまだ縁遠いい落語ですが、大阪に出向いてでも、
吉弥さんの「地獄八景亡者戯」の大ネタを 是非、是非、拝見したいと思いました☆ 

長くなりましたが、
吉弥さんのご活躍を 心から応援いたしております♪


投稿者 whitelove621 : 2008年02月16日 14:09

吉弥さん、はじめまして。
いつもちりとてちん見ています。今週はほとんど1日に3回見てました。草原兄さんの落語は、さすがに上手でした。他の兄さんたちのとあわせて地獄八景が全部見られないのが残念です。
遂に師匠が亡くなりましたね。これからどうなっていくのか、どきどきしながら、最後まで見せていただきます。
あと暫く本業と草原兄さんとで大変かと思いますが、頑張ってください。いつか吉弥さんの生落語も聞いてみたいです。

投稿者 さち : 2008年02月16日 14:21

吉弥さんこんにちは。今日のちりとてちんもとても内容の濃い素晴らしいお話でした。
ちりとてちんパート2も期待したいですが、一本の映画でちりとてちんを見てみたいです。
ここで先週の上方演芸会の吉弥さんが奈良市でされた『ちりとてちん』ラジオ再放送はいよいよ明日17日(日曜日)です!聞き逃した方ぜひ今度は聞けますように(私もです。)
■NHKラジオ第2放送午前10時5分からです。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月16日 14:35

吉弥さん 連日のハードスケジュールお疲れ様です。
「ちりとてちん」共演者の皆様のブログ等でもクランクアップやら、撮影終了やらのお話が出ていてひたひたと寂しさを感じております。4月には「燃え尽き症候群」になるちりとてファンが多いことでしょうね。
今週の「ちりとてちん」通しで拝見して涙が止まりませんでした。そんな中、草原兄さんはさすがの一番弟子!な態度でしたね。惚れ直しました!草若師匠がおっしゃるように「草原兄さん=吉弥さんが徒然亭にいてよかった!!」と私も思います。
>岡山のきょうちゃんさん
ラジオの再放送情報、ありがとうございます!私も前回を聞き逃したので今回は必ず拝聴致します!!

投稿者 ねこあんま : 2008年02月16日 15:37

一昨日の繁昌亭、2席ともすばらしいものでした。エンターテイメントと云うより、芸術作品と呼ぶに相応しいとさえ思います。そして今週の『ちりとてちん』を拝見し、今、充足感でいっぱいです。吉弥さんのお仕事は、どれもあっぱれ! ドラマ主題曲のバスバリトン(?)によるヴォーカルも、願いどおりです。高い音への跳躍(Fでしょうか?)は、私には苦しいですが、イタリア語(?)の歌詞と共に、スコアが出ればと思います。
ドラマや高座を通じて、吉弥さんと吉朝師匠との関係も、少しわかったような気が致します(勝手にゴメンナサイ)。心温まる感動、ありがとうございます。

投稿者 ありぞなたっち : 2008年02月16日 18:56

今日の「ちりとてちん」の最後のシーン

草若師匠がたんぽぽをもって、素敵な笑顔で

見ておられた所は、「繁昌亭」でしたね。

14日に行った時私が見た席、2階右通路からの

映像でした。なんかうれしかったです。

投稿者 sawa : 2008年02月16日 21:20

吉哉さん、はじめまして。ちりとてりんははじまる前から注目していて、初回から全部見させていただき、毎回3回以上は繰り返し見てしまうぐらいはまっています。朝ドラではまったのは、「あぐり」以来です。出演者の方皆さんのファンになってしまいました。
出演者の方も皆さん魅力的な方ばかりです。脚本もすばらしいです。(素人の私がいうのもなんですが。)
落語には、興味が以前からあったのですが、なかなか足を運べずにいました。女性一人で行くのはどうも気がひけまして…。
もう十数年近く前になりますが、米朝さんのご子息様に古典を教えていただき、米朝さん方が私の通っていた高校に来ていただいて、生で初めて拝見し落語がこんなに面白いものだなんて、と感動しました。いつかまた観たいと思っておりましたが、自分も就職後は多忙で、そのままになっておりました。
ちりとてちんを拝見して、やっぱり行こう!とおととい箕面で行われた米朝一門会に行ってきました。とても楽しい時間を過ごし、笑い疲れる感覚を実感してしまいました。米朝さんの落語が聞けなかったのが、残念でしたが、よもやまばなしで、皆さん以上に笑いをとられていて、さすが人間国宝、すごいわ!と思いました。
吉哉さんの演技、いつも見入ってしまいます。吉哉さんの落語会も行きたいですが、すごい人気で券がとれませんね。またいつか必ずいかせてもらいます。
どうでもいいことですが、南春日丘に住んでいます。落語会は私が行ってもよろしいんでしょうか?
吉哉さん、ご多忙のようですが、ご自愛されお仕事頑張ってください。応援しています。ドラマも終わりに近づいているようですが、毎回楽しみにしています。DVD販売されたら、即買います。(笑)
落語を楽しむきっかけをつくってくれた「ちりとてちん」に感謝です。

投稿者 ナース@大阪 : 2008年02月16日 22:25

初めまして、毎日「ちりとてちん」を見ています。そして毎日胸が熱くなってウルウルしています。
落語は以前から好きでしたが、ドラマを見てますます好きになりました。さて、今日の弟子4人での地獄八景で草原さんが演じたのは「じごくのそうべえ」のそうべえがじんどんきのおなかに入ってくすぐったりしているシーンでしょうか?
実は絵本の読み聞かせをしていまして、「じごくのそうべえ」を小学校で今月読みます。じんどんきのくしゃみ、笑いなどの表現が非常にむずかしく難儀しております。今日の短いシーンでしたが、吉弥さんの表現力には当たり前のことながら、もう感動でした。あ~、生で聴きたいです。ぜひ北海道にきていただきたいな~と痛切に思います。

投稿者 多津子 : 2008年02月16日 22:52

吉弥さん、こんにちは。14日は私の繁昌亭デビューの日でした。その前にNHK見学にも行ってましたがその日は徒然メンバーには会えず。でも、駅からガラガラを牽いてお一人で繁昌亭に歩いておられた吉弥さんに握手をしていただき、本当に嬉しかったです。たちぎれ線香はただただ感動しました。かぜうどんは河内長野に続いて2度目でしたが、やっぱりうどんが食べたくなりました。その後また撮影に戻られたとの事で、ハードさに驚いてます。
3月6日の繁昌亭のチケットを取ろうとあちこち電話をがんばりましたが、全滅でした。ぴあは10時の時点ですでに終了してるし、繁昌亭窓口も電話がつながった時にはもう終了しているし。何か、裏技でもあるのでしょうか?当日立ち見券が出るのを期待してます。
16日のちりとてちんで、草若師匠の家の引き戸を開けると、そこは繁昌亭の2階立ち見席で私が見た風景と同じだったので感動も2割増しでした(笑)息子が草原兄さんの「はっはっはっはっ、ぶう~」にハマり、ところかまわず連呼しています。3月20日のチケットは取れたので、息子と楽しみにしています。ちりとてちんもクランクアップまであと数日、ラストスパートで頑張ってくださいね。
ちりあきちん様、こちらこそ楽しくお茶できて嬉しかったです。大阪は楽しめましたか?またどこかの寄席でお会いしたいですね。

投稿者 ひろこ&なおや : 2008年02月17日 09:11

吉弥さん、はじめまして。
不覚にも「ちりとてちん」で初めて吉弥さんのことを知りました。
落語に関しても全くと言って良いほど知らない状態だったので、ドラマ自体にもまた登場人物に関しても期待してませんでした。
それが今ではドラマにはハマルし、新旧あわせていろんな落語を聞いてみたいと思うようになって、我ながらミーハー的に浮かれてます。

さて、16日の草原兄さんの落語のシーン。
悲しい状況なのに吉弥さんの落語で大笑い!
大泣きして涙が溢れる中でも大笑いしてる自分自身にビックリ!
本職の噺家さんの力は凄い!と思いました。
それで本気で生の吉弥さんの落語を聞いてみたいと思いました。
ただ、熊本在住だし、今はなかなか県外へ出られない状況なのでそれは難しく、とても残念です。

収録もあと少し。
本業と役者家業とで大変お忙しいとは思いますが、時節柄体調には充分注意して頑張ってください。

投稿者 およね : 2008年02月17日 10:47

吉弥さん、先日はお名前の誤字大変失礼いたしました。今日のドラマも楽しませていただきました。また、ラジオも聴かせていただきたいと思います。これからも、さらにご活躍されますよう、頑張ってください。

投稿者 ナース@大阪 : 2008年02月19日 13:19

吉弥さん、先日はお名前の誤字大変失礼いたしました。今日のドラマも楽しませていただきました。また、ラジオも聴かせていただきたいと思います。これからも、さらにご活躍されますよう、頑張ってください。

投稿者 ナース@大阪 : 2008年02月19日 13:19

吉弥さん、先日はお名前の誤字大変失礼いたしました。今日のドラマも楽しませていただきました。また、ラジオも聴かせていただきたいと思います。これからも、さらにご活躍されますよう、頑張ってください。

投稿者 ナース@大阪 : 2008年02月19日 13:19

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。