≪ はんじょう | メイン | きょうと ≫

2008年02月17日

うちあわせ

今朝の『土曜も全開』の打ち合わせ風景。だいたい8時半からスタート。ADのさぁやが買ってきてくれた朝ご飯らしきものやスナックが並び、新聞を広げて征平さんを中心として話してますねん。 今晩の由瓶のトークの会もそやけど、落語家もそない急にはしゃべられへんのです。普段からしゃべってることが出ます、中身はともかくお互いの関係が出来てないとあかんちゅう訳で。 さてさて今は、本日の全ての仕事を終えて尼崎まで帰ってきて打ち上げ中。別の会の打ち上げを終えた銀瓶兄さんが偶然店に入って来はりました。兄さんもこっちもびっくり。合流して、私の横で飲んではりますわ。

投稿者 kichiya : 2008年02月17日 00:46

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2270

コメント (19)

吉弥さん、こんばんは。先ほど「ちりとてちん」の録画を拝見いたしました。草若師匠、笑って逝かれましたね。地獄?で奥さんと会えたみたいで本当に良かった。お弟子さんたちのそれぞれの想い、師匠に届きましたよね!昨日は涙が出ましたが今日は笑って観ました!
 毎回、念入りに打ち合わせしてはるんですね。「普段しゃべっていることが出るてほんとやなあと思います。自分に築かれた話し方や振る舞いを客観的に捉えるのはほんとに難しいですね。

投稿者 パグ : 2008年02月17日 01:09

連日お忙しいですね。ご苦労様です!
今週最後の放送で、草若師匠がお亡くなりになられ、いつもとは違う雰囲気のちりとてでした。
徒然一門の弟子落語会の緊張感や、草原兄さんの存在感、全てが目沁みた内容でした。
草若師匠、あの世では正太郎おじいちゃんと再会!久々の登場でした、米倉さん!いつもは役名の横に『回想』とでてはったんに、今回は付いてなかったんで、『もしや…!』と思ったんですがね。
天国で草若師匠と志保さん、正太郎さんとで楽しく過ごされているのでしょうね。
来週からも波乱含みが見え見えのちりとて、楽しみにしとります!

投稿者 ひろすけ : 2008年02月17日 01:29

あ!今飲んでる牛乳と…ぁ 一緒や一緒や~♪

さて、最近朝から目ぇ腫らして歩いている人多数。
「ちりとてちん」が原因らしい。

ホンマかいな(笑)

今日は目を皿のようにして、
泣きながら、つく枝さんとあやめさん探しました!

投稿者 かよまま : 2008年02月17日 01:40

土曜日の放送見させていただきました。
枝雀さんが亡くなった時の
心にぽっかり空いた穴を思い出してしまいました。


ところでですが、
銀瓶さん、吉弥さんのことをblogでほめてました。(1/12)

はっきりいって、現在吉弥さんの会はチケットがとれないので、
なんとかしてくださーい。
(しばらく、他に通うんだろうな。)
PS
吉弥さんは、古典しかやらないんですか?

投稿者 ぬかるみん : 2008年02月17日 01:50

打ち上げ中(?)失礼します。
お仕事終わりの一杯は格別かと。
昨日、晩御飯外で食べてたら
隣のテーブルが「ちりとてちん」の話題でもちきり。
何も知らん人が聞いたら、
お通夜に行った帰りの人たちのようでした。

投稿者 銀色のシーツ : 2008年02月17日 02:01

吉弥さん、ハードスケジュールお疲れ様です。美味しいお酒を召し上がってるようですねo(^o^)o
昨夜はありがとうございました。吉弥さんのお陰で、由瓶さんの高座や上方の講談までも聞くことができ、上方芸能を堪能することができました。銀河&三泊四日の大阪滞在、吉弥さんに始まり吉弥さんで締めくくることができ、大満足です。昨日は念願のABCラジオも聞けたし。夜の「空瓶家パーティー」では吉弥さんのお人柄を垣間見れてとても楽しかったです。吉弥さん、引き締まってますますいいお顔されてますよ(笑)年末より少し痩せたような気もしますが?!…吉弥さんも由瓶さんも、高座ではお顔がだんだん紅潮していかれるのを間近で拝見していますと、こちらもぐいぐい引き込まれていきます。「落語は噺家とお客様でつくるもの」という空間の一体感を体感。上方はいいですね。噺家さんが身近に感じられる場があって。東京ではあまりないことです。上方の気質、お客様との絆…常打ち小屋がなかったからこそ、余計に強いのかな?と思いました。関西在住の方が羨ましいです。
明朝、東京へ戻ります。吉弥さん、素敵な思い出をありがとうございました!
撮了まであと少し。御身お大切に。
毎回、長々とすみませんm(__)m

投稿者 まっつん : 2008年02月17日 02:27

はじめまして
おじゃまします。

2月16日(土)の毎日新聞夕刊に小説家の町田康さんと吉弥さんの公談・放談の記事が載っていました。

つづきはまた、23日に掲載されるそうですね。

楽しみにしています♪


投稿者 はな@なら : 2008年02月17日 02:33

>現在吉弥さんの会はチケットがとれないので、

かよままさん、ホントですよね、・・・
ファンとしては、困ったような、うれしいような。(笑)

それから、吉弥さんの新作落語の会も定期的に開かれてますよ、
「吉弥、かい枝のビギナーズラック」。

いや、「開かれてました」と、云うべきかな。

なにしろ、その会を一緒にやっておられた「桂かい枝さん」が、
突如として、(ファンから見れば、ですが、)

突如として、アメリカへ半年間、英語落語の旅回り公演に旅立たれるとかで、

アノ会はどうなるのか・・・。

投稿者 でんえもん : 2008年02月17日 03:39

吉弥さま 
各方面での大活躍、嬉しく拝見しております。
チケット争奪戦の中、14日の「たちぎれ」を聞かせていただけたのはラッキーでした。
小糸のこまかな受け答えが、ときどき吉弥っ子になっていたのはご愛嬌でしたね。


草若師匠のオペラ仕立ての地獄行きには、ちょっと驚きました。
吉朝師匠最後の高座のあと、鳴り止まない拍手に
「オペラハウスみたいでした」と言ったのは一番弟子のあさ吉さんですよね。
数々の符合に、脚本家の方は上方落語への愛とともに、吉朝師匠へのレクイエムも織り交ぜて、このドラマを書き上げてくださったような気がしてなりません。


吉弥ファン、そして「ちりとてちん」ファンの皆様
徒然亭は悲しいことに間もなく解散してしまいますが、
吉朝一門はこれからもずっと精進を続けます。(そのハズです。)
あさ吉 吉弥 よね吉 しん吉 吉坊 さん吉 吉の丞
徒然亭の5人に負けない、個性豊かなイケ面揃いです。
どうか末永く心にかけてあげてください。


吉弥さん、この場をお借りした挙句にライバルを増やしてしまいました。
ごめんなさい!

投稿者 みふゆ : 2008年02月17日 07:23

打ち合わせ、こんな感じなんですね。打ち合わせ風景覗けてちょっとうれしい。
ちりとてが終わってしまったら、せっかく増えた落語と接する機会が減ってしまう気がして、ちょっと寂しい、と今から思ってしまいます。
関西では、昔から落語と人や生活との繋がりが強いのですね。だから、あったかいファンの方が多いんでしょうね。コメント拝見して思いました。

投稿者 いまきょん : 2008年02月17日 09:08

はじめて投稿します。

「ちりとてちん」毎朝楽しみにしております。

何年か前、奈良で吉朝さんの「地獄八景」をきかせていただきました。
この落語の中では地獄の興行街の描写が好きです。
死んでも「あの人に会える」「あの人が待っててくれる」と思う、ましてや今はなき名優名人の皆様にお会い出来ると思うと反対に楽しみかもしれません(笑)

その次は大和郡山で吉朝さんの「住吉駕籠」
内容は覚えていないけれどそのときのメモに
「もう笑って笑って、ほっぺが痛くなりました。吉朝さんはどことなく上品な人ですよね。お弟子さんの吉弥さんもアカデミックな(どんなんや)上品さがあります。」
と記してありました。

3月の郡山のチケットはとり損ねましたが、城陽のホールでお目にかかるのを楽しみにしております。

投稿者 はなのいろ : 2008年02月17日 10:29

昨日の「ちりとてちん」のラストが『繁昌亭』とは…。ドラマと現実世界が錯誤状態にあり。夢ともなく、現ともなく…。あの「地獄八景」は草原兄さんではなく、吉弥さんでは?
次回また、笑いの絶えない『楽』しい『繁昌亭』にお伺いします。2人の師匠にお逢いする為に…。もっと早うに巡り逢いたかったなぁ~、上方落語に。もうちょっとだけ早く。

投稿者 そうや : 2008年02月17日 11:04

こんにちは。初めてお邪魔します。なんだかホッとする写真(食事)だなぁと…。私らと一緒〜みたいな♪
昨日の「ちりとてちん」泣きました!(最近泣いてばかり〜!)みなさんそれぞれの「地獄八景」素敵でした。やはり生の落語に触れたいと痛感しています。ちょうどその前日の金曜日、娘が幼稚園で「地獄のそうべえ」の劇をしました。昨日の弟子の会のシーンで草原さんが演じてらしたのがまさにそれでしたよね。このタイミングにも泣きました(←超個人的な理由ですが)。
ちりとてちんの撮影も残りわずかのようですね。さみしいなぁ。お忙しいでしょうがどうぞお体お大事に。

投稿者 みんみんひぐらし : 2008年02月17日 11:36

吉弥さん毎日おつかれさまです!
でも充実した毎日のようでうらやましくもあり…
関西の土曜の朝はほんまに大変です!
テレビじゃタイガース関連の番組がかぶってるし、ラジオは「全開」にお耳が釘付けやし(*^_^*)
私吉弥子ちゃんのファンなんで、いつも暴走気味のママを必死におさえてる辺りにハラハラドキドキしながら聞いてます!
撮影あと少しのようですが、頑張ってください☆寂しくなるけど、最後まで応援してます!!

投稿者 さな : 2008年02月17日 12:24

吉弥さん、こんにちは。こたつ猫です。
昨日、ちりとてちんの公式サイトの写真で気がつきました。
ついにクランクアップされた渡瀬恒彦さんを囲んで、
お弟子さん役の皆さんと楽しそうに写っておられる写真。
その吉弥さんの左手に、愛の気持ちが表れてることに・・・。
あれ、実は、手話で『アイ・ラブ・ユー』と言うんですよ。
吉弥さんは、きっと気づいておられないかもしれませんが。
ドラマを通して、人々に愛される吉弥さんが羨ましいです。
ますます、今後も、お仕事が大変になられるでしょう。
どうぞご自愛下さいませ(*^_^*)

投稿者 こたつ猫 : 2008年02月17日 17:07

「噺家さんでも急にしゃべれない」ものなんですね~。
それはきっと「しゃべり」を生業にしているからこそ、なのかな。最近思ったことなのですが、書き言葉でも、発し手受け手によっては人を不快にしたり傷つけたりしてしまうこともある、ましてや直接お話しすることでは、発した言葉は取り返しがつかないものだから、十分気をつけないといけないものだな、と。
普段からしゃべってることが出ます、というのは意味深いお言葉ですね。ラジオでもドラマでも、もちろん「落語」でもそうだと思いますが、吉弥さんの場合、どれもみなさんといい関係を作られている、ということが伝わってます、と私は思います。それはきっと吉弥さんご自身に、相手を思う細心の気配りがあるから、なのではないでしょうか。ラジオでの「普段のおしゃべり」聞いてみたいです~!
>岡山のきょうちゃんさん、情報ありがとうございます。おかげで今朝、しっかり聞けましたよ!!楽しかった~。

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月17日 17:45

吉弥さんこんばんは。
今日はこちら岡山とっても寒かったです。
何杯もあったかいコーヒーを飲みました。
月曜日の「とびだせ!夕刊探検隊」とともに土曜日のラジオも楽しみにしています。
早い時間に打ち合わせがあるんですね。
お盆がうちと一緒だーと思いました。(100円)
今朝はラジオで吉弥さんの「ちりとてちん」が聞けました。
茶碗蒸しとうなぎの蒲焼と鯛のお刺身が食べたくなりました。
季節は今くらいのお話なのでしょうか?

お豆腐の腐ったのってうちの冷蔵庫に生息していたことがあります。本当にくさいんです。黄色になって。

もっと吉弥さんの落語を聞いてみたいです。
>横レス失礼します。ちりたてちんさん、今度はちゃんとラジオ聞けてよかったですね。

投稿者 岡山のきょうちゃん : 2008年02月17日 21:35

吉弥さん、今晩は。
今日は朝からラジオで「ちりとてちん」聞くことができました。(岡山のきょうちゃんさん、有り難うございます!)クスクス笑いながら、素敵なひとときを過ごしました。
朝ドラではひろすけさんも書かれていたように、草原さんの存在感、温かさが全体を包み込むようです。吉弥さんのまなざしが優しいですね。師匠も安心してはることでしょう。
これからラストまでの一話一話を大事に見ていきたいと思います。どうぞお身体に気を付けて頑張ってください。

投稿者 花水木 : 2008年02月17日 21:51

初めてコメントさせていただきます。
ちりとてを途中から見始め、すっかりはまってしまいました。
撮影はもう今週で終わりですよね。
少しは吉弥さんもほっとされるでしょうか。

毎朝、晩、と子供たちと揃って見ています。
実は2年ほど前まで茨木市に転勤で5年ほど住んでいました。
JRの南側、風向きによってはビールの匂いがする環境でした。笑。
現在は東京住まいで、子供たちの大阪弁もすっかり抜けていましたが、
ちりとてを見始めてから子供たちの大阪弁が復活しました!
何よりびっくりなのは、子供たちの落語の覚えの良いこと。
草々さんの設定ではありませんが、「何で1回の放送で覚えているの?」
『喜代美初高座バージョン(上下を途中で逆にする)』とか
『天狗座バージョン』などなど。
何故その覚えの良さを勉学で活かせないのか、不思議です。笑。

今もし茨木市に住んでいたら繁盛亭に行けたのに、BKにも行けたのに、茨木市での落語会に行けたのに!と本当に残念。
ちりとての放送が終わってからでも、機会があったらぜひ吉弥さんの生落語聴きに行きたいです。
これからも体調に気をつけてお仕事頑張ってくださいね。

投稿者 IBARAKI : 2008年02月17日 22:21

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。