≪ うちあわせ | メイン | もつなべ ≫

2008年02月17日

きょうと

京都、いし田での仕事を終えて、ちょうば君と外に出てみると、雪がふっておりました。今日の京都は一日中こんな天気でしたね。ただ夜の雪は重たい感じ、ちらちらよりぼそっぼそっ。白川の川岸に確実に積もっていってまして、石畳もぬれておりました。

投稿者 kichiya : 2008年02月17日 22:18

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2273

コメント (21)

写真を拝見しても、寒さが伝わってきますねぇ。
お仕事ご苦労様です!
風邪など引かぬよう充分お気をつけ下さいませ。
月曜からのちりとて。新しい展開を楽しみにしとります!

投稿者 ひろすけ : 2008年02月17日 23:19

写真を拝見しても、寒さが伝わってきますねぇ。
お仕事ご苦労様です!
風邪など引かぬよう充分お気をつけ下さいませ。
月曜からのちりとて。新しい展開を楽しみにしとります!

投稿者 ひろすけ : 2008年02月17日 23:20

吉弥様こんばんは。お写真、素敵です~♪とっても綺麗です~♪お寒い中、お仕事お疲れ様でした。(^-^)

投稿者 あゆこ : 2008年02月17日 23:46

京都、雪降ってたんですか。
風情があっていいですね。
石畳の続く界隈のお写真もステキです。
でも、すんごい寒いんですよね(^^;)
風邪など引かぬよう、お体には気をつけて。

投稿者 銀色のシーツ : 2008年02月17日 23:50

(*・∀・)おはつです(*_ _)ペコリ
ちりとてちん毎日楽しく拝見してます(*´ω`*)

京都も降っていましたかw
滋賀もちらちらと降ってましたw

体調崩されないようにお気をつけください ペコリ(o_ _)o))

投稿者 あんげる : 2008年02月17日 23:54

今日は京都でお仕事でしたか。
寒い中、お疲れさまでしたm(__)m


私の住むところは滅多に雪が降らないので、少し羨ましくもあります。


「ちりとてちん」の収録も最後の1週間でしょうか?
風邪が流行っているようですね。
吉弥さんもくれぐれもお身体に気を付けてください。

投稿者 さよ : 2008年02月18日 00:39

お寒い中でのお仕事お疲れさまでした(≧σ≦)
私も吉弥さんと同じ2月生まれで、もう日付変わってしまいましたが17日でした☆家族は皆知らんぷりで~ぇ(´~`) 一人で大好きなチーズケーキを作ってました。
誕生日もあと僅か‥‥って時に このステキな写真を拝見して♪なんかぁ…吉弥さんからのプレゼントのような気がしてめちゃくちゃHAPPYですーぅ(^∇^*)v
ホントに綺麗に撮れてますね!吉弥さん ありがとうごさいます。これからも応援させて下さい。

投稿者 ハル : 2008年02月18日 00:56

「ちりとてちん」
地獄八景、、、拝見しました。
今回は、「吉弥」としても
やれるって感じで貫禄たっぷりで
頼もしい兄さんでした。さすがです。
噛まないでやれる方が楽ですよね、きっと(笑)
しかし、わかっていて泣かされました、今週も。
撮影、あと一週間がんばってください。
歴史に残るドラマ、こうしてリアルタイムで
体験させて頂き、嬉しいです。

投稿者 ちりあきちん : 2008年02月18日 01:24

こんな時間に失礼します…[ちりとてちん]に出会えて落語に恋してしまったような。私はこれからもずっ落語と生きたい!ゆっくりと噛み締めながら~。吉弥さんに早くお会いしたいです。京都雪…風情がありますね。粋で格好よくてステキですね!

投稿者 あっちゃんだべ~ : 2008年02月18日 02:27

またまた雰囲気ある写真ですね。京都祇園は実家に近いのですが、いつまでもかわらずそこにあってほしいと思える風情が残っていますよね。
落語家さんと祇園、似合うわぁ。
ちりとての撮影も今週で終了ですね。ラストラン、清清しく駆け抜けていかれますよう、お祈りしています。

投稿者 じゅじゅ : 2008年02月18日 08:30

毎日お疲れ様です。
京都の冬はほんまに寒いんですよね・・・くれぐれも風邪など召されませんように。なにより喉をお大事に。

今週も「ちりとてちん」波乱含みのようですが楽しみにしております

投稿者 しっか [TypeKey Profile Page] : 2008年02月18日 10:19

吉弥さん、京都らしい素敵な写真ありがとうございますm(__)m冬の京都…結構好きです。寒いというより冷たく清らかな空気。写真を見てるだけでも凛とした気持ちになります。先週の休暇のツケで朝からバタバタな私にはいい清涼剤を戴きました。また京都行きたくなっちゃいました…

投稿者 まっつん : 2008年02月18日 14:59

吉弥さん、はじめまして!
“ちりとてちん”毎回、楽しく拝見させて頂いております。
先週最後の“地獄八景”は凄かったですね!

弟子入りの順番とはいえ、あの四草くんが一番出で堂々と僕が個人的に思っている草若師匠の決め言葉(?)“その道中の騒がしゅうて~”を演じた瞬間から涙が止まりませんでした。(四草くんがそれを演じることに凄く意味を感じたんですね)

そして草原さんのトリをみながら“人間って号泣しながら笑うことがきるんだ”ということ生まれて初めて体験できました。
(それまでは放送を見ながら“笑うか泣くか”どちらかだったのでそれが正に同時におきた凄い体験でした)

今の世の中は良いことより悪い事の方が多いような気がしますが“ちりとてちん”のような番組に出会えて
“あぁ今,生きて生活していて良かったなぁ”
と感じる今日この頃です。

今週が最後の撮影とのことですが最後の最後まで頑張って下さい!(個人的には“ちりとて”は本放送が終了しても朝ドラの第二の“ちゅらさん”みたいになると思っています)

 

投稿者 OTO : 2008年02月18日 15:31

京都って、夏はものすごく暑く、冬はものすごくさぶいです。このことは、大学4年間通った時に痛感しました。
でも、季節ごとに楽しみがあって。京都っていいですよね。

投稿者 のりぽん : 2008年02月18日 19:42

もう少しでクランクアップですね。ちりとてちん。
今日の放送で『こんな形のお葬式もありかな』なんて思ってしまいました。
…実際あったら困るでしょうけど(^_^;)
毎日『明日はどうなるんやろ??』と、ドキドキハラハラ。ちりとてちんに翻弄されている私(^皿^)
良い意味で、私達の予想を裏切ってもらえるのを楽しみにしてます。
最後迄ぎゃんばってくださいねv(・∀・*)
それでは!!【徒然亭草若の六番弟子】徒然亭大和でしたっ♪(o・ω・)ノ))

投稿者 徒然亭大和 : 2008年02月18日 20:12

こんにちは。いし田での高座お疲れ様でした。アットホームな雰囲気で楽しかったです。名びらの準備もありがとうございました。何回聞いてもちりとてちん、面白いですね。
 お開きのあと足が痺れてヒョコヒョコ。横見たら友達も。日本人やのに情けないなあ…。落語家さんはずーっと正座ですもんね。一言で言えるものではないですけど、ひとつひとつの振る舞いが修行の賜物なんですね‥。

投稿者 パグ : 2008年02月18日 21:29

昨日は京都に来られてたんですね。寒い中、お疲れ様でした。
雪・・そうですね、昨日降ってましたね。今年、京都は雪がよく降ります。
今朝、屋根にうっすらと雪が積もりました。
その後、降ってた雪は止み、積もった雪もすぐに溶けましたが、今日も寒い一日でした。
来月、繁昌亭へ行かせていただきます。初めての生落語、楽しみです。

投稿者 若きょん : 2008年02月18日 21:47

オレンジ色の街頭に石畳・・・、って、なんか外国みたいですね!
京都で石畳って、意外でした。
京都っていうと、お寺や神社、昔ながらの建物、っていうのがすぐに思い浮かんでしまい、陳腐な想像力を嘆きました・・・。いし田って、どの辺なのかな。今度訪ねてみたいです!
そういえば、ちりとてちんのHPにありましたが、セットの一般公開が2月29日から10日間あるそうですね。今度こそ行ってみよう!と思いました!(はたして銀河って、まだ走ってるんでしょうか・・・)

投稿者 ちりちりとてちん : 2008年02月18日 23:24

1/28 ナレーションのみで奈落の底に落とされ、廃人に…
2/1 ヒグラシにやられ、涙のダムに溺れ、
2/7 草原兄さんと吉弥さんにやられ、
泣いて 泣いて 「この日」を迎えたので、
『草若 弟子の会』も、お葬式も
落ち着いて「笑って」過ごすことが出来ました。。

『そーこーぬーけーにー』気持ちよく、救い上げて下さることを期待しておりましたが、その通りになって、ほんとビックリしています。。
だって、めずらしいでしょ。。 こんなこと。。
藤本様に感謝です。。


「お前がいてくれて、ほんまに助かった。」
「後はお前に任せたで。徒然亭の落語、守ってくれ」
この言葉を受けての、弟子の会での小草若への言葉に始まり、
弟妹弟子たちへの接し方。佇まい。
今までとは違う「長兄としての覚悟」というものが、ひしひしと伝わってきます。。

投稿者 若葉 : 2008年02月19日 01:11

先週の土曜日の放送で、泣きながら笑うという
体験をしました。涙がぼろぼろと出るのに吉弥さんの
落語を見て、鬼が笑ったり、くしゃみをしたり、おならを
したり、その表現が、とてもおもしろくて、笑ってしまいました。
吉弥さんの師匠の吉朝さんの落語は、聞いたことがなく
DVDを購入して聞きました。面白かった。
やはり、吉弥さんの落語と似てます。師匠からたくさんの
いいところ、受け継いでおられますね。

投稿者 大和郡山の信子 : 2008年02月19日 16:09

吉弥さん、撮影お疲れ様です。きっと今日も深い時間まで「草原兄さん」なのでしょうね。
先週末、大阪みやげにとワッハ上方で吉朝師匠の「地獄八景」を買い、今、通勤中に聞いています。おもしろい!マスクの下で口元笑ってます(余計アヤしい?)そして、吉弥さんが吉朝師匠のお弟子さんであることをしみじみ感じてます。吉弥さんの「地獄八景」は「ちりとて」のなかで、一部しか聞いたことがありませんが、師匠の声が吉弥さんに聞こえて…噺し方が、生き写し…って感じで…。吉弥さん、本当に師匠大好きだったんだやなと思いました。改めて「ちりとて」の「地獄八景」を観ると、吉弥さんの中に吉朝師匠をみた気がします。吉朝師匠も幸せだと思います。ずっと吉弥さんと一緒にいられるんですもんね。師弟っていいですね。撮影ラストスパート、頑張って下さい。

投稿者 まっつん : 2008年02月19日 18:07

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。