≪ あとのまつり | メイン | おかまち ≫

2008年05月11日

やまさき

昨日、兵庫県宍粟市、山崎文化会館での『桂吉弥独演会』。 会場に着いてまずやることはお弁当のチェック…ではなくて、高座の高さと広さ、屏風の位置の確認。そして明かりと音のチェック。 2階席の一番後ろまで上がって、ちゃんと見えるか聞こえるか、誰かにしゃべってもらい、私の体で確認してます。 けどそれはお客さんのいない状態での話。実際には幕が上がって、高座に座って、言葉を発して、お客さんの反応がきて、そこで、やっとホッとするんですわ。なんぼ音チェックしてても、そこらへんの感じはわからへんからね。 広いホールやったけど、一つにまとまっていくんがわかって、ちょっと心に残る独演会になりました。お運びの皆さんありがとうございました。

投稿者 kichiya : 2008年05月11日 12:05

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2383

コメント (18)

昨夜は実に楽しかったです。
久々に生の落語を堪能させていただきました。
「ちりとてちん」、「親子酒」、そして、待ちに待ってた「愛宕山」。

いや、圧巻。
本当に、圧巻のひと言。。。

吉弥さんの枕での言葉に「お客さんに想像力を」とありましたが、そんなの必要ないです。
というか、吉弥さんの芸にその想像力を働かせる労力はいらないんですよね。
自然に、野山が見えてくる。
平らなはずの高座が急な斜面に見えてくる。
高低、広さ、限られたスペースを縦横無尽に表現する。

圧巻でした。

それにしても3席て、すごい!
どれだけの消費エネルギーなんだろうと、ここで想像力を働かせましたよ(笑)
島根から来てよかった。
幸福感に包まれて帰りの4時間が全然苦痛に感じなかったですよ。

また日本のどこかでお会いしましょう!

投稿者 22代拡益亭 : 2008年05月11日 12:24

よかったですね。初めてのところはドキドキしますでしょうしね。独演会ならなおのことですね、岡町も頑張ってください。

投稿者 トマトjuice : 2008年05月11日 12:26

連日お疲れ様です。
吉弥さんの文章がまるで語り口そのままのようで、読んでいるのか聞いているのかわからなくなります。残念ながら落語会に行くにはちょっと遠いところに住んでいますので、ブログで会の更新の模様を楽しませていただいてます。これからもお体に気をつけて、「ぎゃんばって」ください。

投稿者 mieux : 2008年05月11日 13:13

吉弥さん、お疲れ様です。山崎は、実家の近くなので懐かしいです。吉弥さんの落語会は何処でも、雰囲気も良く、とってもいいですよ。でも、やっぱり小さい寄席がいいなぁ〜
私の頭の中は、ふぃ−ふぃ−で、いっぱいです。夢に出てくるんですけど、悪夢です。
今週は、お芝居ですね。
楽しみにしています。
お体大切に、頑張って下さいね。

投稿者 みどり : 2008年05月11日 13:32

いやいや、お弁当のチェックも大事かと思います(^з^)

投稿者 おうどん : 2008年05月11日 14:23

2階で楽しませて頂きました。
良く聞こえていましたし、吉弥さんの微妙な仕草までよく見えて、
あっというまに楽しい一時が過ぎました。
「ちりとてちん」を見ていなかった友人と行ったのですが、
私も、その友人も初めての生の落語に大変感動し、
是非またどこかの落語会に行きたいと話し合っていました。
ちなみに、その友人は、「ひばりがピーチク」で場内が少しどよめいていたり、
「その道中の陽気なこと」で拍手が起きることを大変不思議がっていました。
ちりとてちんファンとして、ひょっとして徒然亭の落語が
伝承されていくかもしれない歴史的な一場面に立ち会っているようで、
何かすごくうれしい気分になりました。
これからも、ちりとてちんバブルがたとえ弾けたとしても、
人間国宝目指して(笑)頑張って下さい。

投稿者 ぢあ : 2008年05月11日 14:43

日本を狭くする男(笑)吉弥さん、お疲れさまでございます。
来月の地元での独演会も、こうしてチェックしてくれはるんだな~と思いながら読ませていただきました。
楽しみにお待ちしております。

こっちのお弁当は。。どうなんだろ。。
充実していること祈ります(笑)

投稿者 濱松 : 2008年05月11日 15:26

プロフィールの【セールスポイント】を久しぶりに読み返したら、中学校時代に「?」という箇所がありました。「桂吉弥についてあれこれ」の文章と読み比べると「やっぱり。。」なのです。お伝えする良い方法が思いつかなかったので書き込みました。すみません。 どちらか正しい方に。。

投稿者 漢字変換 : 2008年05月11日 17:33

お弁当のチェックがツボに入っとります(>ε<*) コンバンワm(__)m 毎日お疲れ様です。 広い会場やったんですね。スポットライトがパーンと当たって・・・2階席のいちばん端でもいいから‘生’を体験したいなぁ・・・ 魚と違います(^_^; いっぱい色んな方のCD、DVD観たく聞きたく・・吉朝師匠かなぁ・・・やっとこ決まりつつあります。遅いですかね?まぁゆっくりと・・・(o^_^o)

投稿者 maxim : 2008年05月11日 17:49

歌手や舞台役者の方がそのようなチェックをされているのをテレビで見たことがありますが、落語家の方もしかりなんですね。会場へ足を運ぶ方々への愛情を感じます。

7月の内幸町ホール!今度こそチケットを入手すべく頑張らせていただきます(気合い)!

投稿者 コジコジ : 2008年05月11日 18:18

はじめまして。
昨日の独演会見に行ってました。二階席の一番前で見てました。
吉弥さんの迫力に圧倒しました。笑い転げました。
楽しい時間はあっとゆうまに過ぎました。
これからも頑張ってくださいね。
又機会があれば、吉弥さんの落語みたいです。

投稿者 美着物 : 2008年05月11日 20:52

はじめまして^^
高校生ちりとてちんファンの1人です∩(´∀`)∩ 笑
友達と2人で底抜けにハマってました(つω`*)
山崎は家から30分もあれば行ける所で草原さんが来られると知って2人で「行きたいな~」言うてました(PД`q。)
行ってたら「愛宕山」聞けたんですねぇ。。。
実は【野辺へ出て参りますと~その道中の陽気なこと】まで2人して覚えましたbb 笑
次、機会があれば行きたいと思います!
その時は「愛宕山」聞けることを祈ってます☆

投稿者 美菜子 : 2008年05月11日 23:22

>徒然亭草歩さん
ひゃ~~お恥ずかしい(汗)
にわかファンです。
私の方こそ・・こちらで精進させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。
「岡町落語ランド」に寄せていただきました。
小さな会場に100人程の観客がお座布団に座っての落語会。
手作りの会の雰囲気で吉弥さんも皆さんも直前までTシャツ姿で案内役や準備なさってました。
場内は熱気むんむんで高座に登場なさる落語家の皆さん
(佐ん吉さん、雀五郎さん、吉弥さん、三金さん、都んぼさん)
たくさん汗かいての熱演。会場に一体感があって素敵な会でした♪
吉弥さんは「短命」というお噺。
なかなか色っぽいお噺で大笑いがはばかられて苦しかった(汗)

投稿者 じゃこたいたん : 2008年05月11日 23:29

はじめまして。HPにはよく寄せていただいております。
山崎の独演会、お写真の左下ぐらいの席で息子・娘と一緒に拝聴しておりました。面白かったです~~! 小6の娘は時々言葉の意味やオチがわからんかったようですが(笑)楽しかったと言うておりました。3人そろって徒然T…の予定でしたが息子が恥ずかしかったようなので娘と私だけ徒然母子しておりました(^^)
雨の中、ようこそ山崎までお越しくださいましたm(__)m HPで気が付いたときは「こんな近場でっ!」(隣の姫路市安富町在住)と感動。吉弥さんが登場して感動。割れんばかりの拍手でしたね。どんだけ~?!いうぐらい盛り上がってましたね。愛宕山にドラマポジション(?)で拍手が入る(笑)のも、後で思えば「いよっ!待ってました」的拍手であったなとニマニマしながら思い返しております。親子酒(言うんですね、不勉強で…)面白すぎました。←これや、娘がオチわからへんかったの。
昔、枝雀さんの落語が好きでTVでよく見ておりましたが、吉弥さんや紅雀さんの落語の中に時々枝雀さんを見るような瞬間があって、これが伝える、続いていく、いうことなのかと…うまく言えませんがそこにも感動しました。
またぜひ西播磨近辺にもお出ましを♪その時にはぜひ崇徳院を拝聴したいです(ニヤリ)

投稿者 日野ひかり : 2008年05月12日 09:48

はるばる山崎まで・・・よくおいで下さいました。今まで2回繁昌亭にて吉弥さんにお会いしておりますが、今回は私どもの生活圏にいらっしゃる・・・本当によくのお運びで・・・チケットを手にした日からとても楽しみにしておりました。当日も用事を済ませありったけの早さで会場に行ったのですが、既に5人程の方が並んでおられあっという間に長蛇の列。開場までの約1時間、娘はウォークマンで米朝師匠の「地獄八景」を聞きながらウォーミングアップ。そして2列目ど真ん中で3席も楽しめるなんて。日常を忘れて笑い転げました。見るからには出来るだけ前の方で見たいのがファン心理。でも、2階席の最後部、会場の隅々まで気を配られてる吉弥さんの心が嬉しいです。帰りの車中、娘が「吉朝師匠のCDを手に入れたい」と熱く言ってました。娘が小学生の時に亡くなられた師匠ですが、娘には全く今まで記憶にない師匠ですが、吉弥さんの落語を通じ興味を持ったようです。まさに芸の伝承ってこのことだ、と感動しました。次回お会いできる日を楽しみにしております。お体に気を付けて頑張って下さい。

投稿者 かなはは : 2008年05月12日 09:49

吉弥さん、こんばんは♪。宍粟市、岡町、連日楽しませていただきました。初めて聴いた、吉弥さんの『親子酒』『短命』。とても良かったです~♪…噺にも、吉弥さんにも、新鮮な魅力を感じましたo(^-^o)。…これからもどんどん私達ファンを魅了してやってくださいましm(__)m。…生活笑百科みました。ジャケット姿、よくお似合いで…素敵でしたっ♪。

投稿者 あゆこ : 2008年05月12日 22:07

独演会、姉ナオたん&妹こてる、姉妹二人で仲良く二階席にて堪能させて頂きました!一週間前に訊いたら前売り完売&当日券なし!だったのですが諦め切れず、前日にダメもとで再度尋ねたら、二階席があるとのお返事!大喜びで行かせて頂きました。
開演前は舞台遠いな〜と感じていましたが、始まったら全然そんなこと感じなくって!広いホール一杯に噺の世界が広がって、すごい臨場感!迫力満点でした!愛宕山の蝶が飛ぶ場面なんか、蝶が見えた気がしましたもの!笑いで心が一杯満たされ、充実した気持ちで帰宅の途につきました。
楽しい時間を本当にありがとうございました!

投稿者 ナオたん&こてる : 2008年05月14日 23:53

独演会、姉ナオたん&妹こてる、姉妹二人で仲良く二階席にて堪能させて頂きました!一週間前に訊いたら前売り完売&当日券なし!だったのですが諦め切れず、前日にダメもとで再度尋ねたら、二階席があるとのお返事!大喜びで行かせて頂きました。
開演前は舞台遠いな〜と感じていましたが、始まったら全然そんなこと感じなくって!広いホール一杯に噺の世界が広がって、すごい臨場感!迫力満点でした!愛宕山の蝶が飛ぶ場面なんか、蝶が見えた気がしましたもの!笑いで心が一杯満たされ、充実した気持ちで帰宅の途につきました。
楽しい時間を本当にありがとうございました!

投稿者 ナオたん&こてる : 2008年05月14日 23:54

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。