≪ ろっこう | メイン | あさお ≫

2008年10月16日

りりあとあみゅう

火曜が埼玉、川口総合文化センター『リリア』。水曜は東京立川『アミューたちかわ』の襲名公演。日帰り王子もさすがに、お江戸泊でございます。 リリア寄席は東京の落語協会の仕事、大阪の人間を1人混ぜてもらって、ありがたいっすねぇ。終わって圓太郎師匠に若手が連れて行っていただいた串焼き屋。途中「10時やん、プロフェッショナル見な見な」と便利な携帯ワンセグで小三治師匠を拝見いたしました。小さな画面を凝視する7人。たった今まで俺、ご一緒していたんやなぁと、舞台袖での感激を思い出しとりました。 立川の楽屋には『新選組!』ファンの方からの差し入れが届く。あぁそうや、日野とか多摩とか近所ですねんね。土地勘が全く無くて申し訳ない。「新選組!の話もまくらでしたら良かったなぁ」と反省しとります。 とにもかくにも、お越しの皆さんありがとうございました。

投稿者 kichiya : 2008年10月16日 01:18

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2593

コメント (15)

「笑わせるのではなくて、つい笑ってしまうのが芸だ。」
咄家さんてスゴイですネェ。
聞いて笑ってればいいだけの方でよかったぁ。(笑)

投稿者 でんえもん : 2008年10月16日 01:53

吉弥さん、遅く迄お疲れさまです。
今夜は私この時間まで眠れず、録音していた〔土曜も全開〕を聞きながら携帯のブログを読んでいました。
来週23日生野の落語会と、30日の繁昌亭に寄せて頂きます。楽しみ〜〜。
お元気で大阪にお帰り下さいね。
おやすみなさい。

投稿者 メリー。 : 2008年10月16日 02:16

吉弥さん、お疲れ様ですしばらくは、地方でのお仕事ですね。体調気いつけて下さいねリリア寄席錚錚たる方々で、ほんま感動ですねお江戸落語の人情もんはええですね
『新撰組』の時のあの面影はいづこに〜
又、落語聴きにまいります頑張って下さいませ

投稿者 みどり : 2008年10月16日 02:33

吉弥さん立川ありがとうございました。すごい汗でしたね。楽屋口から出て来られた吉弥さんは汗をギューっと絞って細うなって見えました。
大先輩に囲まれて、気も使います?お疲れに見えましたけど、大学時代のご友人と楽しいひと時過ごせましたか(^_^)
へとへとなのに、声かけてくる私らファンに、丁寧に答えてくれる吉弥さん、大好きです。
春から吉弥さんを追い掛けて、昨夜の襲名披露公演にたどりつき、本当に心に残る素晴らしい会に参加出来たこと、幸せでした。吉弥さんのおかげでした。ありがとう。ちゃんと休息とって。頑張って下さいね!

投稿者 みっこ : 2008年10月16日 07:13

吉弥さん、おはようございます。久しぶりに書かせて戴きます。「りりお」と「あみゅう」、お邪魔させて戴きました。「りりお」はパワーアップした「ちりとてちん」の後半部分になんとか間に合ったのですが、「あみう」は口上からでしたので、吉弥さんの「ちりとてちん」が聞けず残念。職場から立川まで小一時間、やっぱり遠かった(笑)それでも、ざこば師匠のお隣で、口上の司会をちょっと緊張した面持ちで務める吉弥さんを10列目の端っこから見る幸せ。諸先輩の温かい雰囲気の余韻の中、「五代目米団治」として初めて聞く「親子茶屋」、熱演でした。先月、サンシャイン劇場で最後の「小米朝」として聞いた演目を気持ちも新たに聞いて…いつか吉弥さんも…と思ったら、感無量。仕事疲れを忘れたひとときでした。米朝師匠のお声も聞けてよかった!ありがとうございました。御身、お大切に。日曜日の新橋も楽しみにしてます。

投稿者 まっつん : 2008年10月16日 07:40

吉弥さん、お疲れさまです。
『リリア』も、『アミュー』も楽しませて貰いました。幸せな一時をありがとうございます。『リリア』の顔写真本当に大きかったですね。
『リリア』より『アミュー』帰りの方がお疲れに見えましたので、大先輩に囲まれて気疲れかと思っておりましたが、川口駅でおみかけした時は圓太郎師匠と串焼き屋に向かう途中でいくらかお元気だったのですね。
これからも地方公演が控えておりますので、お体には重々お気をつけ下さい。

投稿者 千 : 2008年10月16日 08:45

吉弥サン、おはようございますm(__)m 埼玉、東京、お疲れ様です。 「新撰組!」のファンの方からの差し入れ…山崎も続いてるんですね…まっ、何気にアタシもですが(*^∀^*)> でも山崎て京都の… 細かいこと抜きですね--; プロフェッショナルをワンセグで一緒に観られたんですか? そういえば米團治サンの「情熱大陸」見ました。 決して軽くはない想い…久々真剣にテレビにかじりついて拝見しました。 「米團治」という名前の凄さを当たり前ではあったけど、改めて感じてしまいます。 ちなみに串焼きも大好きです('ε^*)

投稿者 maxim : 2008年10月16日 08:55

吉弥さん、昨晩はお疲れ様でした(*^-^*)
汗だくの「ちりとてちん」と、ざこば師匠の強い視線の隣での司会、かっこよかったです♪
相当気を遣われるのでしょうし、お疲れになると思います。
身も細る想いですねぇ(*^-^*)日曜日の演舞場も楽しみにしています!

投稿者 pomu : 2008年10月16日 09:51

吉弥さん、昨夜はお疲れ様でした。
先輩方との共演、気も遣わるし大変だったと思います。
200回記念(笑)の「ちりとてちん」ありがとうございました。
誕生日祝いに父を連れて行ったのですが、とても喜んでくれ、いい親孝行になりました。
これからも米朝一門応援しております。
また、立川にもいらしてくださいね。

投稿者 えみすけ : 2008年10月16日 10:07

吉弥さん、お疲れ様でございますm(__)m
立川での公演、堪能させていただきました。
口上というものをライブで拝見したのが初めてでして、勝手に緊張しつつ(ざこば師匠の熱視線にも)心で「吉弥さんファイト!」と念力を送っていました。
麻生にも伺います。今日も『ちりとてちん』200回目だったりして(笑)

投稿者 コジコジ : 2008年10月16日 12:15

9月の一門会で、三之助さんが用意したお茶を召し上がりながら、まくらをゆっくり、飄々とお話になる小三治師匠が印象的だったのですが、お茶一杯にもいろんな“思い”があるんだなあ。と『仕事の流儀』を見て思いました。日曜の新橋、楽しみです。

アミュー立川、吉弥さん「緊張してますっ」と幾度となくおっしゃっていましたが、最前列の私も瞳孔開きっぱなしで、ドキドキ感動しておりました。米團治さんの襲名披露をこの目この耳でお祝いできる、なんとありがたいことでしょう。なんと贅沢なことでしょう。
米朝師匠…私が関西に行かないとお目にかかれない方だと思い込んでいた(失礼な話です)ので、胸がいっぱいになりました。

…それにしても、花緑師匠のまくらで、「9月14日」の話が でるとは…ううう…申し訳ございませんでした…この時ばかりは最前列、つらかった…(笑…って、こらっ)

投稿者 azure : 2008年10月16日 12:43

「りりあ」でちりとてちん聞かせていただきました。絶品でございます。聞くたびにパワ-アツプしていますね。禁酒して6年ですが6年前に飲んだ日本酒の甘口の味がふゎ-つと口の中に広がってきました。久しぶりに落語に酔わしていただきました。

投稿者 まりる : 2008年10月16日 15:16

プロフェッショナル僕も見ました。
小三治師匠の落語、見たいなって思いました。
師匠に全否定されても、やる気を失わない理由が「やりたくって入った道ですから」というのにしびれました。

小三治師匠と吉弥兄にも共通点があるように思いました。
「一番下からものを見る。」ということ。
落語の生命線な気がしました。

しかし芸に対してストイックな方ですね~。
その点は枝雀師匠に共通点を感じました。

非常に考えさせられる番組でした。


投稿者 徒然亭草歩 : 2008年10月17日 01:00

新撰組懐かしい~!
あの時京都駅の大階段のトークショー行けばよかったと後になって後悔してました・・・(泣)
また見たいなぁ~新撰組。(前の再放送は時間が早くて・・・)

投稿者 グリコ妹 [TypeKey Profile Page] : 2008年10月17日 18:29

久々にメールします。
ちりとてちんでファンになりまして、一度吉弥さんの生落語を
聞きたくて、名古屋方面で寄席があるときは、発売と同時に
チケットを取ろうとがんばっていましたが、いつもつながらなくて取り損ねていましたが、ついに今日予約することができましたー!!12月21日の年忘れ東西落語でーす。
今からわくわくしています!

投稿者 愛知のヒロリン : 2008年10月18日 22:18

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。