≪ にいはま | メイン | のこすつたえる ≫

2009年01月17日

きしゃかいけん

昨日はサンケイホールブリーゼにて記者会見。南光、雀三郎、都丸、雀々、米団治、こごろう、吉弥とうちの一門が7人ずらずらっと並びました。今年サンケイブリーゼで会をする面々。ホールも全く変わったし名前もちょっと変わったけど、やっぱりサンケイホールでの米朝一門の落語会というのは特別で。一週間の一門会通し券買うて、落研の皆で交代で通ったりしたお客さん時代。桂吉朝独演会はエレベーター乗って降りて、ロビー見えただけでワクワクした。弟子なって米朝師匠を車で送って、自分も前座で出るようになって…もう山のように思い出あるなぁ。ここで、新しいサンケイと吉弥の関係が始まります。 ちなみに桂吉弥独演会は5月1日の金曜日。

投稿者 kichiya : 2009年01月17日 02:15

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2739

コメント (15)

落研時代からの歴史があるんですね。吉弥さんはちゃ~んと夢を実現してますね。すごいことです。
あ~、私の夢は何だったかな?!

投稿者 みっこ : 2009年01月17日 02:33

こんばんは!
記者会見お疲れさまでした!

時代や形が変わってもそこに居れる、て素晴らしいですし、幸せなことですよね。

ぜひ楽しんでください!

投稿者 後ろのトロンボーン : 2009年01月17日 02:47

綺麗になったサンケイホール!
吉弥さんも思い出イッパイのホール。
私もOL時代の思い出一杯のサンケイホール
5月1日ですね。(^_-)-☆

投稿者 souu : 2009年01月17日 07:03

米朝一門といえば
やはりサンケイですよね。
ホール落語の先駆け。
あ~チラシも懐かしい。
1行コピーもね。
それぞれの噺家さんをどう表現するか…
さて
若返ったサンケイで 若い顔ぶれ…
楽しみにしています。
全部行く気まんまんです!

投稿者 かよまま : 2009年01月17日 07:23

吉弥さん、お疲れ様です米朝師匠が始めはったホール落語、今は当たり前のようになってますが、画期的な事やったんですよね
サンケイホールと言えば、米朝一門ですもんね一門会も吉朝師匠も私にとっても、ええ思い出ですサンケイホールブリ−ゼでの吉弥さんの独演会楽しみですね
着々と前に進んではる吉弥さん、ほっていかんといてね〜と思う私です
今日は1月17日。笑って過ごしま〜す。
お体気いつけて、おきばりやす

投稿者 みどり : 2009年01月17日 07:33

吉弥さん おはようございます、 4日前サンケイホ-ルを見にいきました 変わりましたよね
師匠について舞踊会に行った事を劇場前で思い出しておりました
師匠の思い出の有る劇場すぐ近くには毎日ホ-ルも有りましたしね でもね 裏口しか 思い出せないのですヨ
劇場の中しか思い出せないのは悲しいですヨ
でもね、ここで吉弥クンが 独演会を やるだと 元気がでました 嬉しい
頑張っれエ-誰にヤ、私にです
頑張ますヨ
今日も行きます 吉弥サンはABCから岐阜お忙しい日頑張って下さいませ

投稿者 風 子 : 2009年01月17日 08:09

ご無沙汰しておりました。

ブリーゼには、勤め先の支店が引っ越したというので、昨年末に探検に行きました(フェスティバルホールのコンサートチケットが手に入り、大阪に行く機会に恵まれました)。出張で行った後輩の「オフィス階に上がるのは、セキュリティーの関係で、ちょっと面倒ですよ」の情報の通り、アポなし・特に用事なしの一見さんは、勇気がなくて辿り着けませんでした。ああ、サンケイホールのチケットがあれば、堂々とエレベーターに乗れるのに…。新しくてオシャレなビル。大阪のオシャレさんは、若い子も、お母さんお父さんも足を運ぶ、そんなビルなんだわ。光をあびてキラキラ眩しいブリーゼを見上げながら、大阪という街の力強さと、そんなことを思いました。

一門会の成功、お祈りしております。

あ、以前、吉弥さんとみなさんがコメントされていた「大阪駅周辺の道が通る度めまぐるしく変わる」話をふと思い出して、タクシーの運転手さんにしたら「そうですねん」とこぼしていらっしゃいました。

投稿者 azure : 2009年01月17日 08:22

何といってもサンケイホールの思い出は2004年5月の吉朝独演会これが吉朝師の最後のサンケイになったと思いますが、あの百年目は忘れられません。失礼ながら生涯最高の名演だったと思います。吉弥さん是非とも百年目に挑んで師匠に一歩でも近づいてください。お願いします。

投稿者 初代杢兵衛 : 2009年01月17日 08:24

吉弥サン、おはようございますm(__)m 豪華な面々の記者会見やったんですね♪
大阪のほうではニュース流れたんでしょうか? 思い出いっぱい詰まった会場なんですね。 まだまだ書き足りない位の思い出もいっぱいあるんでしょうね…!!
落研時代からの約15、6年?それより前? 着々と歩んで来られたんやろなぁ… アタシな15、6年なんて…ハハハハ(^□^;)> ますますのご活躍を心より期待してます。 そして今日もお仕事、頑張ってください('-^*)

投稿者 maxim : 2009年01月17日 08:48

吉弥さん、今年も多方面でのご活躍、期待しております。
『サンケイホール』には、皆さんの“思い”がぎっしりと詰まっているのですね。
ただ、折角の気分に水を差すようで申し訳ありませんが、私も新しいホールには疑問を感じます(「かねしょう」さんのご意見に同感です)。
特にバルコニー席の状態は、落語の鑑賞に相応しいと言えるでしょうか?
気にならない方もいらっしゃるかも知れませんが、私は繁昌亭2階の立見の方がず~と好ましく思います。

投稿者 ありぞなたっち : 2009年01月17日 16:58

2009年の初ライブ吉弥さんを岐阜長良川ホールで楽しませていただきました。「新春初笑い寄席」でしたので、2席目は何かなって考える独演会とはちょっと違った感じでした。わたしにとって久々の「ちりとてちん」でした。ネタが分かっていてもやはり充分笑わかせてもらいました。元祖ちりとてちんがさらにまずさをパワーアップしていて吉弥さんのすごさにも感動しました。さて、今年は何度ライブを楽しめるのかな。中部地方にもたくさん来てくださいね。

投稿者 まるちゃん : 2009年01月17日 22:43

夕刊の大きなお写真、すごく愛らしい笑顔で甘えたさんみたいに見えました。撮影のとき、カメラマンさんはどんな声をかけはったんでしょう。もし、5年後、10年後、30年後に今回のような取材があったら、どんなお話?どんなお顔?優しい空気でわたくしのようなファンを包み込んでくださいね。

投稿者 晴れた空 : 2009年01月17日 23:22

吉弥さん、こんばんは。
サンケイホール。吉弥さんや皆さんにとって本当に思い出深い場所なのですね。
独演会の主役としてホールに入る時、吉弥さんはどんな気持ちになるのでしょう。お客さん時代のようなワクワク感は変わらなかったりするのでしょうか。
5/1のブログ(皆さんのコメントも含め)が今から楽しみです。

投稿者 コジコジ : 2009年01月18日 00:56

なんかスランプに陥り、吉弥さんの落語ビデオみて そして 今ちりとてちんをみて 両親も兄弟もいない私ですが、、涙もいつぱいでますが 吉弥さんの落語や笑顔みたとき 皆さんと同じ会場でお客様といられるとき ひとりではないと感じます。いつも 吉弥さんに支えて頂いてる感じがします。涙を笑顔にしてくれるそんな幸せが そんなお噺がまた 今年も近くで聴けるようにと、、、

投稿者 ひかる : 2009年01月18日 01:36

吉弥さんの独演会
初めて行かしていただいたのは
テイジンホールでした。

師匠が亡くなられて
激励の気持ちで行ったのに
私の方が励まされ。

落語の力 
また新しいサンケイで
感じさせていただけますね!

投稿者 ふるちか : 2009年01月18日 09:35

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。