≪ もろた | メイン | さくら ≫

2009年04月02日

まつりのあと

昨晩の『お仕事ですin繁昌亭』の終演後、お客さんのお見送りを済ませ、楽屋に戻って荷造りをして出てきた後…振り返って見た繁昌亭の入口であります。大勢のお客さんでごったがえしてたのがウソのようにひっそりとして、祭りのあとのよう。 あの2時間を楽しむ為に、お客さんも足を運んで下さり、演者も気持ちを入れる。形に残らない空気、空間、雰囲気をぎゅぎゅっと胸に押し込んで、噺家も皆さんもそれぞれが次へと向かう。次の高座、普通の生活へ。 エイプリルフールの日やとは思いたくないアツい何かが吉弥の中にも残りました。また頑張れます、ありがとうございました。

投稿者 kichiya : 2009年04月02日 21:39

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2834

コメント (19)

まさに一期一会ですね。
楽しい時間・空間・体験を共有できるって、本当に幸せですね。
ますますのご活躍をお祈りしています。

投稿者 桜子 : 2009年04月02日 22:00

昨日の繁昌亭、とても楽しかったです。吉弥さんの会は他の噺家さんの会に比べて若い女性のお客さんも多いので、気兼ねなく大笑いできて行きやすいです。
最後の”ねずみ”、初めて聞きました。ねずみ屋さんの息子が可愛らしかったです。子供の出てくる噺をもっと聞かせてくださいね~!
今年は「吉弥まつり」あるのでしょうか?月数回の寄席通いのきっかけになった会なのであるといいな・・・

投稿者 英語落語ファン : 2009年04月02日 22:58

昨夜の繁盛亭、お疲れ様でした。なんとゆう空間でしょう。あの時間を共有したすべての人達に感謝します。あの場所に居られたこと、数多くの舞台に足を運びましたが昨夜は特別な春の一夜になりました。ありがとうございました。可愛いひぐらしちゃんにも会えました。

投稿者 飛梅 : 2009年04月02日 23:14

吉弥さん、お疲れ様です今、気付きました
エイプリルフールやったんですね
吉弥さんの落語を聴いて、一緒に写真撮ってお話しして、握手した事は、嘘やなかったですよね
私のHeartにも、熱いもんが、残ってます
「『花筏』もうちょい頑張ってくださいね」っと言うたんもほんまですが〜
繁昌亭デビューの姪っ子も、目を輝かせて聴いておりましたよ小学生も虜にする落語の凄さにあらためて、感動しとります
吉弥さんに、お小遣で買った、カルピス味のハイチュー渡せて喜んでました
お味どうやったんですか?明日は、落語ビレッジですね昼夜2回になって、初めての会ですよね楽しみに、伺います
お体気いつけて、おきばりやす

投稿者 みどり : 2009年04月02日 23:45

2月の阪神電車のおっさんに沸いた“お仕事”と違い(これはものすご面白かってよかったんやけど)、昨晩の「ねずみ」、ほんまにしみじみとして良かったです。あんな、いかにも日本らしい美学の落語があるんですね。発見です。一席目も“スワ、短命か”と思ったけど、ちゃんと違ってよかったです。あそこで短命やったらちょっとがっかりでした。固定ファンがたくさんで大変ですね。文楽の大ファンで初めて落語聞く友人と一緒で、私も今日は朝から仕事で、と急いたので、終演後吉弥さんにお会いできず残念でした。めっちゃファンなんですよ!また追っかけます。

投稿者 らくゆき : 2009年04月03日 00:18

吉弥さん  あんず♪です。


昨日の…「新、お仕事in繁昌亭」とっても楽しかったです。


首が伸びるとこでは…鳴りものの音で、思わず驚き!!めっちゃびっくりして、飛び上がってしまいました~^^


米朝さんの「だんだん」ご出演のお話しも…おもしろかったです。


今回は、初めて娘を連れて行ったので、吉弥さんにお声をかけ…

吉弥さんも「娘さん?娘さん?」とつぶやいておられましたが、もっと小さいお子を想像されていたのか…娘を見る目がまんまるで…^^


娘は、バリバリの化粧でしたが、18才になったばかりでした^^

年頃の娘とは、なかなかゆっくり過ごすことはないのですが…この日は、吉弥さんのおかげで、娘と思いきり楽しい時間を過ごすことが出来ました。


吉弥さん、ありがとうございます♪♪


投稿者 あんず♪ : 2009年04月03日 00:35

今晩は、 吉弥サン、昨日は ネタ下ろしの ねずみ 私は東京落語で、何席か聞いてます、歌丸師匠のテープも有りまして 好きな 話しの
一つです どんなようになるのか 楽しみにしてました これから二回、三回、と口演されると、
楽しみしています、頑張って下さい 「短命」から「花筏」に急に変えられ(笑)大変でしたね
済みません(笑)でも 6月に聞かせて戴く予定の話しが聞け、
嬉しく でも「短命」も好きですよ これからもバン、バン、ネタ下ろしに 挑戦してください、楽しみにしています
明日は 神戸で お会いします
では お休みなさいませ
吉 弥サン

投稿者 風 子 : 2009年04月03日 00:39

お久しぶりに〜。
1日の繁盛亭すごく行きたかったんですが〜 残念。チケットすぐ完売したようで買えませんでした。あたしの○歳の誕生日に 是非とも聴きたいと思っていましたが〜 しかし 5月の繁盛亭は 必ず行かせて頂きます(@_@) チケットも早くにゲットしてあります♪
7月の分も〜(^_^)早速チケットゲットします☆(笑)
今から楽しみにしています☆
この写真見て〜思い出しました(>_<)。
嬉しいことに〜3月に某師匠から 突然、繁盛亭夜席に来ないかとお誘い頂いてね〜(^_^)
ひとりでぶらりと一時間半かけて出かけました。
終わって〜賑やかな雰囲気の中、この扉を出て… もう一度 商店街を抜けてぐるりと周り 名残惜しく繁盛亭前に来た時 のぼりも無く、ポツ ポツと灯りがひとつずつ消えて…
とうとう 真っ暗に〜まさに この写真状態になり…今の吉弥さんの心の感じた思いと一緒だと思いました。長々と読んでくれてありがとう。

投稿者 結女ちゃん : 2009年04月03日 00:46

吉弥さん こんばんは。
”まつりのあと”というタイトルと、繁盛亭の写真に心ひかれました。きょうの文にこめられた思いに、胸が熱くそして切なくなりました。サザンシアターまであと4日。ますます楽しみになりました。

投稿者 元天女 : 2009年04月03日 03:14

吉弥さん、おはようございます�

まだ一昨日の繁昌亭の余韻に浸って、ぽわ〜んとしております・・・
春うらら、温かくて素敵なひとときでした。

花筏もねずみも、初めて聴くお話ですごく引き込まれて行きました。

ひぐらし娘も、吉弥さんとよね吉さんの優しさに包まれて、帰りの電車の中でデジカメ画面を見ながら目が��になっていました�
本当にありがとうございました�

投稿者 さやママ : 2009年04月03日 08:23

♪情けない男でごめんよ~ 愚にもつかない俺だけど
涙をふいて 嗚呼 夜汽車に揺れながらぁ~♪
…すみません、「まつりのあと」と聞いて、歌わずにいられませんでした(^^)
吉弥さん、こんにちわ♪
ようやく春らしくなってきて、東京にも桜が満開に近い状態になりました。
天満宮繁昌亭…あの辺は桜が満開になったら、すばらしい景色なんでしょうね~。繁昌亭の前までは行ったことあるのですが、そこで落語は聞いたことありません。いつかは…きっと…いつかは…繁昌亭で吉弥さんの落語をたっぷりと聞きたいです(^^)
7日、新宿サザンシアターでお待ちしております♪

投稿者 ほ。 : 2009年04月03日 13:20

すいません
m(_ _)m

先にさせて頂いたコメントの絵文字が全て「?」になってしまいました・・・
娘は目が??ではなくて、もちろん「ハート」になってました〜♪

「きっちゃさんのお相撲さんが可愛かった〜」と今も夢見心地で話しております
(*^_^*)

投稿者 さやママ : 2009年04月03日 20:20

吉弥サン、コンバンワm(__)m 形に残らない空気、空間、雰囲気…がなんかいい言葉やなぁとしみじみ思いながら読ませてもらいました。「生」だからこそ味わえるもの…うまく言葉に出来ないんですが^^;すごい素敵やなぁと… 「花筏」は先日テレビで拝見。 ケータイのmicroSDに録ってます(~o~) 吉弥サンのも聴いてみたいです(^^ゞ
明日もお仕事頑張ってくださいp(^ε^*)q

投稿者 maxim : 2009年04月03日 22:37

☆吉弥さま
満足感いっぱいの空気が お写真から伝わってまいりました。毎回 力いっぱいの高座 思い起こすだけで心躍ります。次回はいつお目にかかれるか..と思っておりましたが 本日 動楽亭「吉弥の新世界vol.1」の席をゲットできました。記念すべきvol.1にうかがえること メッチャ嬉しいです。紅雀さんとのト-クも楽しみにしております~!!

投稿者 ス-ス : 2009年04月03日 23:25

繁昌亭、みなさんの書き込みで雰囲気想像してます・・
来週火曜日は三三さんとの二人会、今からとても楽しみです。
三三さんも、人気急上昇中です。
お二人の腕の競い合い、ワクワクしてます。
また、高校生の息子と行きます。ぎゃんばってくださいね~

投稿者 高津富子 : 2009年04月03日 23:57

吉弥さん、繁昌亭の「お仕事!」、お疲れさまでした。
「ねずみ」以外ネタは当日決定という、吉弥さんは「ギリギリがお好き」とか。毎回、その日の客席のもろもろを感じて、「自分の中の最良のカード」を切ってはるんやねぇ。客席の私も、ドキドキしながら今日は何のネタかな~?って楽しんでます。今回はマクラの流れで「短命」?と客席に思わせながら、スカッと「違いますよ」って。大爆笑でしたけど、あれはねらってたんでしょうか~ (笑)
もろもろ考えて、相撲ネタの「花筏」やったんですね!
「ねずみ」は初めて聴きました。上方落語の人情噺は珍しいですよね。よね吉さんの「男前落語」で大笑いした客席が、し~んと静まりかえって噺に引き込まれてました。あの空気、良かったです~。私の近くのお客さんは鼻すすってはりましたし。
ホントに、毎回楽しみです。また、聴きに行きたいと思います~  

投稿者 もろこ : 2009年04月04日 01:53

1日はどうもお疲れさまでした。
そしてありがとうございました!
今回も吉弥さんの大ファンの上司を筆頭に総勢6名で聴かせていただきました。
今回もほんと楽しく良い時間でした。
ねずみ・・・素敵な噺ですね!
「人は良い心持ちで全とうに生きなアカンし、そう生きること自体が幸せやし、更なる幸せに繋がるんや!」
そう感じ、温かく清々しい気持ちで帰路につきました。というか皆でお好み焼き屋に向かいました^^
益々落語、そして吉弥さんの魅力に引き込まれてます。
これからも新しい笑い、新しい感動を下さいね(^o^)丿

投稿者 紀州のおやじ : 2009年04月04日 08:54

吉弥さん、お仕事お疲れ様でございますm(__)m
祭のあとの繁昌亭の入口。閑散としていますが、吉弥さんやお客さんの賑やかな様子が聞こえてきそうな、そんな余韻を感じます。
ライブって観てる最中だけが楽しいわけではないですよね。チケットを手にしてからのワクワク感に始まり、まさに吉弥さんの言われる「形に残らない」ものが、終演後も楽しませてくれているなぁ、と吉弥さんの会に伺う度に感じます。

投稿者 コジコジ : 2009年04月04日 11:43

先日群馬県の伊勢崎市のお寺で恒例の落語会がありました。
小生が一時間前にお寺に着きおまいりして、会場の入り口に行き扉を開けたら、何と喜多八師匠が私服でばったり どちらへ
とお尋ねすると 散歩に とこの事 外国人が多いのでご注意
と言うと 金髪はと! さすが 柳家喜多八師匠 のアドリブに この人は 只者ではないと思いました。師匠は墓参が趣味です。
大きなお寺の会場は約二百人満席でした。皆涙を流して笑っていました。大好きな吉ちゃん 一度 柳家喜多八師匠 と二人会お願い致します! 古典落語に精通のおふたりがこれからの落語会を発展してゆく事と思います。
7日のサザンは楽しみにしています。 

投稿者 とよちゃん : 2009年04月04日 20:15

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。