≪ あひる | メイン | なんきょくりょうりにん ≫

2009年09月21日

しんきげき

60周年を迎えた松竹新喜劇を見てきた。『裏町の友情』『はなのお六』に豪華な口上付き、とても面白かった。泣いて笑って、うんうんと頷いて。人間ってやっぱりいいなぁと終わった後に思わせる。落語に近いとこがあるんやなぁ。客席はざっと見渡して平均年齢50歳以上。私の年齢より下のお客さんは探すのが難しい。見たらめちゃめちゃ面白いのに、もったいないわ。大阪だけやなしに全国ツアーでまわったらええのになと思いましたが。来月の頭までやってますよ、是非とも見てください。

投稿者 kichiya : 2009年09月21日 23:27

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/2994

コメント (6)

☆吉弥さま
松竹新喜劇 久しく拝見していません~。?十年前は 毎週のようにテレビで放送していましたね。当時子どもだった私は TVにかぶりついて見ていました。正義を愛し・悪を憎み・親子の情に涙し・実直な人間の成功に 心から拍手を送っていました。子どもだったからこその楽しみ方が あったように思います。大阪の子は 吉本・松竹両方の新喜劇に育ててもらっていたよい時代でした(年がバレますね...)ホンマ若い人にもたくさん見てほしいです...。

投稿者 スース : 2009年09月22日 00:10

吉弥さん、お疲れ様です。新喜劇は昔一度だけ見に行った事がありますよ(^O^)新喜劇と関係ない話ですみませんが…先日のラジオの公開放送、八尾まで見に行きましたよ(^O^)去年と背景の写真が全く同じでしたね(^O^)ラジオだから見えないんでいいかな…グリコの炊き込み御膳ほんま美味しいですね。塩田さんにインタビューを受けた時は、めっちゃ緊張しました。またの公開放送を楽しみに待ってま~す。今日は繁盛亭の昼席に行きます、吉弥くんが出てこられないのが残念ですが…

投稿者 徒然亭草馬 : 2009年09月22日 06:34

吉弥サン、おはようございますm(__)m 松竹新喜劇ですかぁ…面白い舞台を観るとツアーで…と思ってしまいますよね。 TVであったら見てみたいかもです(-ε-*)
でもお客さんが吉弥サンより年上の方ばかりならアタシ絶対浮くような(^_^;)>…
吉本の方は自分が中学の頃ダウンタウンさんを中心にした番組で拝見してましたけど。 辻本茂雄サンがチョー脇役の時でしたよ。
お仕事頑張ってくださいm(__)m

投稿者 maxim : 2009年09月22日 08:41

松竹座60周年記念のお芝居 初日にしっかり友達ご夫妻と主人と一緒に観させて頂きました。
そりゃ笑ろた!笑ろた! お知り合いの女優さん二人を訪ねて楽屋お見舞いさせてもうて… (^з^)-☆Chu!!
松竹座のお芝居は よくここ数年続けて行かせて頂いております。 とにかく一度 観て頂きたいと思います。 あの日は 朝から谷四へ手作りフェア行ってきたよ♪
続いて谷九で降りまして、彦八まつりでひと遊び…(^^ゞ 吉弥さん会えなんだ 残念でした。
昼から ミナミへ〜 忙しい一日でしたがお芝居観たら、疲れも癒され〜 楽しい一日となりました。
はい。

投稿者 くぅやん♪ : 2009年09月22日 10:36

お早うございます
吉弥サン 私は月初めに行きましたよ 三檀(雛檀のよぅな)の口上 、Y團治サンの松竹新喜劇60年の歩みの解説
口上席の面々の懐かしさ
久しぶりの藤山直美サンお父上の寛美サンに面影が似て見る度に胸が詰まりました
個人的には舞台に立つたはりますよ
松竹座より 中座の方が雰囲気が会いますね
古い俳優サンが多いのですが演技派の片が多いですね
吉弥サンにも見てもらってうれしい?ネ
23日のチケットゲットしました
明日のぷいぷいはなしですか?
あのデカイあひるチヤンに 会いに行きました
写真で見るより 大きいですね、夕方には八軒家浜より船に乗って夜景を楽しみました
では又

投稿者 風 子 : 2009年09月22日 11:20

吉弥さん、お疲れ様です☆松竹新喜劇今では、なんか懐かしいですね
小さい頃、おばあちゃんによく連れて来てもらってました。
確か、当時は中座でしたねもちろん、テレビも見てました。寛美さんて凄い人やなぁって、子供ながらに思ってました。
また見てみたいもんです。お体気いつけて、おきばりやす

投稿者 みどり : 2009年09月23日 05:06

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。