≪ すたじあむつあー | メイン | ぶどう ≫

2015年05月12日

さんけいどくえんかい

日曜日サンケイホールブリーゼ『桂吉弥独演会』にお越しの皆様ありがとうございました。米朝師匠やうちの師匠吉朝が大切にしていたホールで「百年目」「メリーさん」「昆陽の釣り」の三席が出来たことがたいへん嬉しく、盛り上げていただいた皆様に感謝です、好きなことをやらせてもろてありがとうございました。打ち上げでサンケイさんが20周年おめでとうケーキを用意してくれはりまして、切り分けて私のとこにはプレートを。美味しゅうございました。

投稿者 kichiya : 2015年05月12日 09:10

このエントリーのトラックバックURL:
http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/4022

コメント (4)

吉弥さん、おはようございます。

サンケイホールブリーゼでの独演会お疲れ様でした。足を運ばせて頂きました。
「メリーさん」は大きな会場にも対応した演出があり、実に面白かったです。吉弥さんの良さがふんだんに詰め込まれたお噺ですので、「ホース演芸場」のように、これからどんどん進化をしていくのが楽しみです。「百年目」「昆陽の釣」は、米朝師匠や吉朝師匠の思いを受け継ぐ、吉弥さんの思いを感じました。これから吉弥さんなりの味を加えて、こちらの噺も、どんどん深まっていくんでしょうね。スライドショーは、スーパーでのアルバイト姿等、意外な写真もあり、楽しかったですね。欲を言えば、もっと沢山の写真が見たかったです(笑)。

投稿者 山ちゃん : 2015年05月12日 10:25

サンケイホールはホール落語に協力してくれたし、上方芸能の芸術祭も開催されて、口だけでは無い有り難い存在ですね。
初演は中野サンプラザの高い客席天井からユダが降りて来る演出だった「イエス・キリスト・スーパースター」を、舞台縁取りが低くてもロープウエイみたいに上手袖から、横方向に登場する演出に変えて、ミュージカル上演が少なかった大阪で見せてくれました。
大阪労音がリリオリズムエアーズで「見上げてごらん夜の星を」の初演も演った劇場の伝統が有るんでしょう。

投稿者 たっつん : 2015年05月12日 11:23

サンケイホールフリーゼ、お疲れ様でした。
あの日は甘い物が、一杯だったのですね 、百年目佳かったですね。
浄瑠璃の「壺坂」は何時やられるのか?
楽しみです(^ー^) 演目とすれば最高です(^ー^)もう夜中ですお休みなさい♪

投稿者 I T O : 2015年05月13日 00:11

百年目:旦那の帳簿調べを出さないやりかたは私の知る限り初めてですが、さあ今後どうされます?昆陽のつりやりにくい演目よくぞ最後まで演じていただきました。吉朝師匠もきっとお喜びでしょう。

投稿者 初代杢兵衛 : 2015年05月13日 07:56

コメントしてください





「投稿」をクリックしてから書き込み完了まで多少時間がかかります。
また、環境によってはタイムアウトが出ることがありますが、
書き込みは完了しています。「投稿」の二度押しは絶対にしないで下さい。

【迷惑コメントについて】
このサイトのそれぞれのエントリーに無関係な内容、他サイトへ誘導するためのリンク、
存在しないメールアドレス、フリーメールアドレス、不適切なURLなどの
記述がコメントに含まれている場合、
自動削除される可能性があります。